東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最近またまたライブ三昧が続いているが、先日、六本木のスイートベイジルにて良いライブを見る事ができた。
前に同じ場所でスパニッシュ・コネクションと云うバンドのライブを見たのだが、その時はメンバー3人に加え、ベース、パーカッション、コーラス、キーボードと大編成の演奏でかなりの迫力のライブだったが、今回はその時コーラスで参加していた大渕博光がメインのコンサートと云う訳だ。
スパニッシュ・コネクションは、フラメンコギターを中心にヴァイオリンとタブラと云う打楽器の編成のバンドで、ずっと3人だけでの演奏が中心だったのが、歌が入るだけで、こんなにも印象が変わるものかとその時も思ったのだ。「スパニッシュ・コネクション公式サイト」
あれから1年も経たないうちにメジャーデビューが決まり、今レコーディングの真っただ中という大渕さん。初の大舞台でのライブにも関わらず、スパニッシュ・コネクションをサポートに乗りに乗って歌いまくっていた。その歌声はフラメンコの枠を大きく超えて、独自の世界観を創り出していた。フラメンコの世界で唄を歌う人をカンテと云うが、彼もまさしくカンテであるが、伝統的なカンテの基礎をしっかり身に付けたからこそ、出来るオリジナル曲やフラメンコ以外のカバー曲も印象的だった。スティングの「フラジャイル」や「蘇州夜曲」を切なくもダイナミックに歌う大渕博光は、とても新人アーティストとは思えない堂に入ったステージを展開してくれた。でも、曲間の間合いのトークは、まだまだギターの伊藤さんにはかなわないかな。かなりおかしかったけどね。
「大渕博光公式サイト」

そう云えば、この頃にわかにスパニッシュ・ムーブメントが起きている気がしている。
日本橋に出来たスペイン料理のバールも大流行りだし、恵比寿のタパスバーも人気の兆しだし、万博ではスペインパビリオンが相当、力を入れていて、そのおかげで先日もバルセロナの大人気グループ「オホス・デ・ブルッホ」も見る事が出来た訳だ。

で、昨日はなんとスペインの天才ギタリスト、パコ・デ・ルシアのコンサートを観て来た。先日、カエターノ・ヴェローゾを拝聴した池袋芸術劇場でのライブ、台風直撃かと心配していたが、無事に着けた。並びの席には、スパニッシュ・コネクションのギタリスト、伊藤さんとバイオリンの平松加奈さんが居た。去年、やはりフラメンコ界の天才ギタリストと云われているトマティートのライブを観に行った時もお会いしたが、やっぱり外せないライブだよね、今回も。
パコの奏でるスパニッシュギターは、メロディと和音が見事に交差していて一人で弾いているとは思えない程指が早く動いていた。正にこれを神業と云うのだろうな。
このコンサートも万博のスペインパビリオンが主催らしいけど、今年のスペインは本当に凄い勢いでプロモートしているね。

今月は、増田太郎さんのライブでも素晴らしい歌とバイオリンが聞けたし、なんだかジプシー系の音楽が続いている今日この頃だ。恵比寿に今月オープンしたスパニッシュな立ち飲み屋にでも行こうか。
by cafegent | 2005-07-27 10:24 | ひとりごと
ホワイトバンドを手に入れた。今、世界の中では貧困のために3秒に1人の子供たちが亡くなっているらしいのだ。ボブ・ゲルドフの呼びかけで開催された「ライブ8」の模様をニュースで観て、何となくこの活動の事は知っていたけど、友人のAnnちゃんのブログでこのホワイトバンドの事を知ったんだ。世界中でこの白いゴム製のバンドを1つ買うごとにその3割の金額が貧困救済の活動資金になるらしい。
「Annちゃんのブログ ANN's ROOM」

b0019140_1426289.jpgブラッド・ピットやデニス・ホッパー、日本でも村上龍や金メダリストの北島康介なんかがこの活動に支援している。ホワイトバンドには、3つのアスタリスク*がついている。
***は、「3秒にひとり」失われていく小さな命を表しているらしい。また、
隠し文字としても***は、いのち、なかま、みんな、だいじ、ひとつ、だから、一緒に、まえへ、...と賛同してホワイトバンドを身に付けているみんなの言葉を秘めているのだとか。CFに登場する世界中のセレブリティが指をパチンッとならすのだけど、それも3秒に一人の秒を表している。
最近、友人の間でホワイトバンドを身に着けている方が増えてきた。なんだか、見知らぬ人でも一緒にこの運動に参加しているんだなぁって思うと妙な連帯感を覚えてしまう。
でも、一人では何も出来ないけれど、みんなの出来る範囲内のことが世界中からの呼びかけでひとつのムーブメントとなって地球の為に役立つのだから、こりゃぁ凄いことだ。「*** ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」、今からでも遅くない。参加してみようよ、ほら。
「*** ほっとけない世界のまずしさ」

そう云えば、モデルの貴之が、イエローバンドをしていた。横浜美術館の学芸員・中島さんもしていたっけ。
これは、自転車の名選手のランス・アームストロング氏が始めた「ランス・アームストロング基金」なる団体が、がん患者を救うための資金集めに創った黄色いバンドなのだそーだ。
ランス・アームストロング選手は、癌を克服した後にツール・ド・フランスに出場して連続優勝をした凄い人です。でも、このバンドは10個単位でしか売っていなくて、買った方達が友人9人に配るんだよね。で、またそれを貰った人々が同様に10個単位で購入していく。無理矢理増殖系な気もするが、まぁ良いか。これぐらいにしないと支援資金も集まらないもんなぁ。
これらのカラーバンドは、世界中でいろんな団体がエイズ撲滅や同性愛等々、自分が支援するいろんな目的で有るんだね。

でも、これらのバンドをネットオークションで高値で売っているふとどき者も沢山いるね。コメントも凄い!「セレブやスポーツ選手の間でも定番アイテム化!」バカかコイツら。
by cafegent | 2005-07-14 14:32 | ひとりごと
こう毎日暑い日が続くとビールがとにかく美味い。
昨日も昼から打ち合わせがてら、取引先とランチをしたんだけど、新橋柳通りにある「Pizzeria D'oro」は、ランチタイムに飲み物が付いていて、珈琲等のお茶に加えてビールとワインが選べるから良いのだ。
当然、僕らは生ビール!うぅ美味い!
この店、読んで字のごとく、ピッツェリアだからピッツアがウリなのだけど、パスタにしても一品料理にしてもどれもボリュームがあって、数人で行くと違うの選んでシェアして楽しく食べれるから、使い勝手の良い店のひとつなのだ。この店広尾、と云うか天現寺の近くにもあって、いつも混んでいるのだが、夜行くと前菜の盛り合わせが、これまた美味くてボリュームがあって、大抵の連中は連れて行くと満足して帰るのだ。昨日も、わざわざ昼時にミーティングをしようって連絡があって、案の定「あそこのピザ屋で食べよう。」と云う事になった。この男も凄い奴だ。何が凄いって僕と真逆の生活スタイルなのだ。筋金入りのサーファーなのだけど、ほとんど太陽と同じような生活パターンを送っている。毎朝、だいたい4時頃に起きて、散歩がてら1時間近く歩いて、波が良いとそのまま海に入って波乗りして、7時くらいにはクルマかっ飛ばして東京のオフィスにやってくる。こ奴がこんな感じだから、社員もみんな早朝ミーティングに呼び出される毎日なのだ。(当然、社員は遅く迄働くのだ。)で、午後だいたいの指示をして、打ち合わせに出かける。そう、僕なんかと会いに来る訳だ。で、2時半くらいになると、もう鎌倉に帰る準備始めるんだよね。大抵、5時頃にはもう海の方に戻っている。彼は、8時には寝てしまうのだ。僕がそろそろ仕事終わろうかっつう時間にもう就寝なのだから、凄い。僕なんか昨日も朝4時まで飲んでいたから、やっぱり真逆だ。世の中、いろんな奴がいるなぁ。
「Pizzeria D'oroのサイト」

先週も渋谷で午前中からミーティングをした帰り、友人が「今日も暑いし、ガス入れますかっ!」って、とんかつ屋の「かつ吉」にて昼からビールを飲んでしまっただ。この店も昔から好きな店なのだけど、ランチタイムなのに決して安くはないのだが、いろんな付け合わせが付いてくるから皆納得している。僕は、ここのカツ丼が好物なのだが、ご飯と別盛りになっている。酒飲みには、この方が都合が良い。煮かつで酒を飲んで、〆に漬け物と赤出しのみそ汁でご飯を頬張るのだ。うぅ、美味い。
「かつ吉のサイト」
帰りにレジで「店主の能書き」なる小冊子を見つけた。銀座線に乗って新橋に向かう車内で読んでみたのだけど、これが実に面白い。自分の店の歴史やウンチクを語っているのだけど、このご主人の性格が筆からしっかりと伝わってくる。
b0019140_12132244.jpg

僕は、昔から豆本とか、こーゆー小冊子のたぐいが好きである。老舗の店とかに行くと結構みな独自に作っていたりして、帰りにそれを持ち帰るのも楽しみなのである。『銀座百選』と云う小冊子も大好きで、毎号愛読しており、銀座で飯を喰う楽しみのひとつなのだ。先月も銀座8丁目の和食『あさみ』で名物「鯛茶」を戴いた帰りに貰って帰ってきた。この本、どんなに売れっ子になって、連載を抱えすぎて、雑誌にはもう書かないなんて云っているお偉い作家さん達も『銀座百選だけは別』と云って、ここの依頼には応じるそうだ。銀座の老舗のご主人や板長さんのエッセイも面白い。こんな本が永く続いているのだから、やっぱり銀座は粋なのだ。
「あさみ紹介サイト:家庭画報デリシャスのぺージ」

8丁目と云えば、てんぷら『天國』の隣にある喫茶店『カフェーパウリスタ』が出している小冊子もいつも楽しみに持ち帰る。創業100年近いだけあって、「銀ブラ」って云う当時の流行り言葉の生まれた話やなんかが、満載している。ここのブレンドやケーキもとても美味しいので、打ち合わせや何かの手土産にも重宝している。もう随分前に、サントリーが出していた『洋酒豆天国』と云うマメ本の全集があった。当時、結構な値段がしたけど無理して買ったものだ。この豆本、サントリーの宣伝部にまだ開口健が在籍して居た頃に出された本だったと思うけど、今でも宝物だ。
「カフェーパウリスタのサイト」

銀座とか新橋、神田辺りを散策しながら、喫茶店や料理屋が出している手作りの小冊子を見つけるのも楽しいものだ。ぜひ、探してみてはどうだ。
さて、昼だ、どこでビールを飲もうかなぁ。
by cafegent | 2005-07-12 12:28 | 飲み歩き
先週末の土曜日、夕方からあいにくの雨になってしまったが、KRUG(クリュッグ)のシャンパンのレセプションに出向いた。
場所が、品川の「原美術館」だったのだけど、あそこがこう云う企業のプロモーションの場に提供するとはビックリした。昔からこの美術館が好きで、たまの休みには、のんびりと散歩がてら歩いて展覧会を観に行く事がある。b0019140_1319350.jpg
伯爵のお屋敷の様なエントランスを入ると、いきなり『KLUB KRUG』なるロゴが輝いていて、ここがあの原美術館なのか?と目を疑う光景だった。b0019140_139398.jpg
館内を抜けて芝生の中庭に出ると、そこには雨避けのテントが張っており、スタイリッシュなバーカウンターでDJがプレイする中、クリュッグのグランド・キュベが振る舞われていた。
最近、やたらと雑誌等でクリュッグのプロモートが盛んだなぁと思っていたら、なんとヴーヴ・クリコが買収したんだってさ。知らなかった。そう云えば、ちょっと前にもどっかで「KRUG1988」と云うシャンパンを飲む機会があったけど、資金力付けたら、とたんに積極的プロモーションし出してるんだね。
今回は、友人の森さん(そう、飲んだくれのコピーライター)とデザイナーの新美さんがこのレセプションパーティ用に豪華なブックレットを創ったので、それも楽しみだった。
会場の庭には、建築家・隈研吾さんのインスタレーションが幻想的な夜を盛り上げていた。形状記憶合金を使って、まるで繭のような、かまくらのようなオブジェがKRUGのシャンパンの気泡の様なイメージを醸し出していた。
手で握ると手の熱伝導で伸びたり縮んだりするのだけど、実現するのに相当の手間と労力がかかったらしい。(なんで、そんな事まで知ってるかって?そりゃ、奥の部屋で、制作プロセスのビデオを見たのだよ。)
b0019140_13102292.jpg


b0019140_139549.jpg
雨が強くて、せっかくのレセプションも人がそんなに多くは無かったが、レオンの顔のジローラモ氏や究極のコレクターとして名高いグリフの柳本さんも来ていて楽しくシャンパンを飲む事が出来た。そうそう、ケータリングは広尾の『割烹 久田』のフィンガーフードで、これもKRUGに合っていた。美味美味。雨も弱まる気配もなく、僕らはタクシーで目黒に向かって、「権ノ助ハイボール」で武田さんのハイボールを飲むことにした。KRUGの後にトリスの角のハイボール、うーん、この落差も大きいが、僕らに似合うのは、間違いなくハイボールだな。

7月末まで、原美術館で、「KRUG×KUMA=無限大  (温度で変化する建築)展が開催されているから、あの幻想的なオブジェを見る事ができるらしい。でも、あれって雨の夜だから良かったのかも。日中見ると、どーなんだろう。
「KRUG×KUMA公式サイト」
by cafegent | 2005-07-11 13:21 | 飲み歩き
先週の土曜日から、TBS系で「ウルトラマンマックス」と云うドラマがスタートした。このドラマ、なんでも原点回帰がコンセプトにあるらしく、僕ら親の世代が見ても懐かしい思い出が蘇るのだ。
なんせ、マックスの容姿は、往年の名作「ウルトラマンセブン」を彷彿させるし、「M78星雲」がバックグラウンドだし、「バルタン星人」「レッドキング」「エレキング」などの昭和40年頃に登場したキャラクター怪獣が復活するし、科学特捜隊の黒部進と桜井浩子までレギュラーで登場するのだ。
そのうえ、監督陣も凄い!映画「殺し屋1」「着信アリ」「ゼブラーマン」の三池崇史監督や「ウルトラQ」の脚本家であり、初期の「ウルトラマン」シリーズのほとんどを創った実相寺昭雄監督まで起用する予定なのだから、期待しちゃうだろう。
「ウルトラセブン」マニアなら、こりゃあ、見なくちゃだネー、K君。

先月、渋谷のストリップ小屋「道頓堀劇場」の脇を入ったところにあるバー「Wokini」(ウォキニ)で出会った若者3人組が居た。みんな役者をやっているらしく中々好青年たちだったのだが、店の主の光祐をアニキとして慕っていてカワイイ奴らだった。テレビ東京で毎週金曜日に放映していた「ホーリーランド」と云うドラマで競演して仲良くなったらしいのだが、みんな20代前半でこれからが楽しみの俳優たちだ。その中の一人、青山草太君が今回の「ウルトラマンマックス」の主役になった。テレビでかなり話題になったドラマ『駄目ナリ!
が映画館で公開される事になったのだが、これにも彼が出演している。先週、「タナカヒロシのすべて」と云う映画を観に行ったら、丁度予告編をやっていた。この『駄目ナリ!』も見たいドラマのひとつなんだなぁ。野口照夫監督はインディーズ映画界じゃぁ大人気だし、僕の好きだった知的お笑い集団「ジョビジョバ」の長谷川朝晴さんが出ているのだ。ジョビジョバ解散してから見る機会が減ったので、楽しみだな。DVDが全9巻出てるから買っちゃおうかなぁ。
b0019140_17294557.jpg
「ウルトラマンマックス公式サイト」

そー云えば、「Wokini」の壁面に無茶苦茶カッコいい写真作品が飾ってあった。
フランク・ザッパの写真やレッド・ツェッペリンの連中が車に乗っている写真作品なんだけど、ザッパの表情がもー最高!!
あの写真家、誰だったっけ。トム・ウェイツのポートレイトもイカしてた。確か、松濤のギャラリーで展覧会をやっているって聞いたけど、行き忘れてしまったた。あーっ、残念。
by cafegent | 2005-07-04 17:45 | ひとりごと
月末で、ドタバタしていたと思ったらもう7月だ。
昨日は朝から六本木、銀座、渋谷、青山とミーティングが続き、忙しい一日だったけれど、久しぶりに会う人たちが多くて楽しい一日でもあった。
渋谷では、20年来の旧友K君と会う事になった。彼は大の阪神タイガースファンで、昨年の阪神・巨人の開幕戦を一緒に観に行ったっけ。ケンタッキーフライドチキンも普段は食べないが、何故か球場でのビールとはベストマッチングなのだ。それを教えてくれたのもK君だったなぁ。それにしても野球見ながら飲むビールってのは、最高だね。背中にタンクしょったバイトの女の子も皆可愛いし、どの子にビール注いでもらうか決めたら、ずっとその子が来るのを待っちゃうもんね。始球式に川上哲治さんが投げたんだけど、あの老体でちゃんとキャッチャーまで球が届くのだから、たいしたもんだ。まー、どーでもいいけど。
彼の凄いのは、阪神戦が始まると全国どこでも観に行ってしまう事だ。先日も、銀座線に乗っていたら、外苑前の駅でタイガースのユニフォーム着たK君にあったし、あーゆー熱いファンが居ると球団も心強いだろーに。

夕方、スパイラルカフェで音楽プロデューサーのジタンと待ち合わせをしてたら、偶然となりのテーブルに居たのがサーカスのマネージャーたちだった。サーカスって云ったって、空中ブランコとかライオン使いじゃあ無い。『Mr.サマータイム』で一世風靡した4人組のヴォーカルグループの「サーカス」だ。サーカスの皆さんとは昔富士銀行のCFで一曲唄ってもらったっことがあるし、ジタンも2枚アルバムをプロデュースしており、一枚は僕がジャケットデザインを手がけた。確か、スタイリストの三本木さんと仕事したけど、楽しい撮影だったっけ。三ちゃんは、佐野史郎さんのスタイリングを手がけたり、センス抜群なのだ。この前、久しぶりに「立ち飲み なるきよ」で飲んだけど、相変わらずオシャレでカッコいい飲んだくれだった。
この日は、今日からスパイラルではじまった『Extreme Eurasia』と云うスペインと日本の現代建築家のコラボレーション展のオープニングレセプションがあったので、テレビ東京の川端さんとジタンと3人で顔を出して来た。
この展覧会は、世界で活躍する日本人建築家 坂茂氏や隈研吾氏など10人が、アバロス&ヘラロスやアトリエ・ワンなどスペインを代表する建築家10人とそれぞれがペアになってインスタレーションを行っており、とても面白く見る事が出来た。
かなり大掛かりな展覧会だが、現在名古屋で開催中の愛知万博に連動して、スペインパビリオンが主催した企画展なのだ。また、本展覧会の日本側のキュレーションを受け持った伊藤留美子さんも僕の20数年来の友人だ。彼女は、建築関係の展覧会の企画などを数多く手がけており、イイ仕事が多い。数日前に展覧会で流す音楽を探しているって相談を受けた。「スペインを感じさせるのだけど、余りスペイン、スペインしすぎてないの何かなーい?」って、また難しい注文するなぁって、一晩考えて「Ojos De Brujo」(オホス・デ・ブルッホ)なる今ヨーロッパでブレイクしているバンドを選んだ。フラメンコとヒップホップを融合させたり、アジアンサウンドまで取り入れている無茶苦茶カッコいいバンドだ。このバンドも愛知万博のスペインパビリオンの招聘で先月来日しており、運良く観る事ができた。いやぁ、最高に盛り上がったライブだった。「Ojos De Brujo紹介サイト」

それともう一枚、「Spanish Connection」と云う日本のバンドを選曲した。スパニッシュコネクションは、友人のジタンがプロデュースしており、スパニッシュギターとヴァイオリンにインドネシアのタブラと云う打楽器の3人編成のバンドだ。これもなかなか良い曲を聴かせてくれる。昨年の夏にスパイラルカフェでライブをやってもらったけど、凄く良かった。
「Spanish Connection公式サイト」

b0019140_19171617.jpg
会場で紹介してくれた建築家の田中陽明さんともいろいろ繋がっていたし、楽しいパーティでした。
取りあえず、オープニングレセプションも大盛況だったし、留美ちゃん、お疲れさまでした。
「Extra Eurasia 展覧会サイト」

さて、今夜は何を食べようって、みんな頭に「うなぎ」が浮かんだろー!!
でも、この日は渋谷のんべい横町の名店「鳥重」を予約していたのだ。
「Non」でヒューガルテンの生ビール飲んで、頭をうなぎモードから焼き鳥モードにスイッチ切り替え。「鳥重」の事もいつか書こうかなぁ。でも、小さい店だからおかーさんに聞いてからにしとこーか。

         このおかーさんには、誰も勝てないのだ。
b0019140_1942582.jpg
by cafegent | 2005-07-01 19:22 | 食べる