東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

先日新年を迎えたばかりだと思っていたが、もう二月も後半に入っていたのだネ。ボクも昨日から確定申告の書類作成にてんてこ舞いだ。面倒なことは早々に済ませてしまった方が気が楽になるから、今月中には提出しておこうかナ。

暦の上では既に春を迎え、「立春」から「雨水」へと季節も移ろいだ。「雨水」とは、山に降る雪が雨に変わり、氷が解け出して裾野の田畑に雪解け水が流れ込み人も大地も潤いを見せる季節なのだネ。だが、それも暦のハナシ、実際はまだまだ寒い日も続いているものネ。先日も東京で20度を超える春の陽気の翌日に雪が降った。身体の方が気候について行けずに調子悪くなってしまい、風邪を引いてしまったヨ。

それでも、春の気配を感じると心も弾み、ウキウキとした気分に浸れるから不思議だネ。
b0019140_13311389.jpg
我が家の近くの公園でも早咲きの川津桜が見頃を迎えている。保育園児たちも桜の花の下で駆け回ったり、昼時になると主婦たちがピクニックシートを広げてランチを楽しんでいる。
b0019140_13313543.jpg
木の上では可愛いメジロたちが花の蜜を求めて集まっていたナ。
b0019140_13323932.jpg
小鳥は、可愛いナァ。  
     ◇           ◇           ◇
閑話休題。

二月は僕の誕生月でアル。毎年、誕生日には天ぷら屋に行くことが定番になっていたのだが、今年は肉祭りにしてみたのだナ。

そして、吉祥寺に在る名峰『肉山』の頂上を目指し登山へと向かった。
b0019140_13355096.jpg
平日の午後5時、酒朋ルイちゃんとダンディ岩崎さんを誘って肉山の登山口へと階段を昇っていく。
b0019140_13385166.jpg
この日は店主の光山さんが出迎えてくれた。
b0019140_14075.jpg
さぁ、肉好き男女四人のパーティで肉山踏破に挑むのだ。
先ずは生ビールで乾杯!
b0019140_1403526.jpg
肉山一合目に登場したのは、お馴染みのパテ・ド・カンパーニュだ。
b0019140_13582418.jpg
濃厚な味わいに酒もススむススむ。

続いて牛肉ソーセージだ。
b0019140_1413145.jpg
これには赤ワインを合わせよう。

いつもの肉山では牛肉、豚肉、馬肉、鹿肉、鳩肉等々、様々な肉の赤身にこだわったものが出てくるのだが、この日は牛肉がメインとなった。

どうですか!この牛のランプ肉のローストは圧巻だネ。
b0019140_1421173.jpg
味良し、歯ごたえ良し、あぁ、堪らないネ。
b0019140_144597.jpg
ルイちゃん、口いっぱいに頬張ってご満悦だ。
b0019140_1442738.jpg
極太のエリンギとアスパラガスのソテーもよい箸休めになるナァ。
b0019140_1444411.jpg
二本目の赤ワインと共にやって来たのは名物の80分じっくりとローストした豚ロースだ。
b0019140_14514.jpg
エゴマの葉に乗せてガブリと行こう。オォ、相変わらず素晴らしい豚肉だナ。

お次に登場したのは、肉山では初お目見えの牛カツだった。
b0019140_1451875.jpg
薄い衣を身に纏った厚切りの赤身肉は実にジューシーだったナァ。ロースト中心の肉山では新鮮な出会いだったネ。

そろそろ、六合目辺りを登り切った頃かナ。
b0019140_1483299.jpg
キュウリが登場した。これがまたサッパリとして肉と肉の合間にピッタリなのだヨ。
b0019140_14144428.jpg
続いて牛肉が登場したのだが、部位を忘れてしまった。失敬!

さぁ、肉山の頂上に辿り着いたゾ。四十日熟成させたと云うサーロインのローストがやって来た。
b0019140_14163931.jpg
これは見事な牛肉だネ。噛めば噛むほどに肉の旨みが口の中に広がっていった。肉をじっくりと味わう楽しみはこの店で改めて再発見したと言っても過言ではないネ。前回の馬肉尽くしも素晴らしかったが、今回の牛肉オンパレードも最高に素敵な登山となったネ。

我ら四人ガッツリと肉を喰らったネ。
b0019140_14181195.jpg
〆のご飯は胡麻油と塩で頂く卵かけご飯と特製カレーライスから選べるのだナ。
b0019140_14182437.jpg
僕ら夫婦は一つずつお願いして交互に食した。
b0019140_14233819.jpg
ダンディさん、ルイちゃん、お付き合いありがとうネ!

帰り際、光山さんから誕生日祝いにと赤ワインを一本プレゼントして戴いた。
b0019140_1417519.jpg
こんな粋で優しい気遣いがまた次回へと繋がるのだネ。
たっぷり二時間の肉山登山も無事に終わり、下山した。

午後7時、僕らは腹は満たしたが、酒はまだまだ足りないモードだ。
そんな訳でハーモニカ横丁へと吸い込まれていったのだナ。
[PR]
by cafegent | 2016-02-23 14:24 | 食べる | Trackback | Comments(0)