東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

真夏の夜、百花繚乱の花火に酔いしれた。

b0019140_131554.jpg
昨日は朝5時過ぎ、激しい揺れに目が覚めた。日曜から、立て続けに関東地方で地震が起きたね。テレビのニュースを見る限り、台風9号と重なった事も有り、静岡を中心に被害は大きかった様子だ。東名高速も復旧作業が大変そうだが、迂回の中央道で事故が相次いでいるそうだ。これから帰省ラッシュになると云うのに心配だネ。

今日も暑い。夏バテ防止には豚肉が良いそうだ。
目黒区民会館の食堂にて、かつ重を食べた。
b0019140_1353318.jpg
これで今日も一日大丈夫だろう。ついでに、かき氷も戴いた。おや、コレ一年前と同じ行動パターンかな。
b0019140_1355278.jpg
区民プールでは、皆気持ち良さそうに泳いでたナ。

先週金曜日は夕方武蔵小山の『牛太郎』へ行き、冷えた大瓶を戴いた。
30分程で出ようとした途端、空が暗くなり落雷の閃光と共に大粒の雨がアスファルトを叩き付ける様に降り出した。酒朋キクさんからのメイルによれば、千代田区でも大雨注意報が出ているとの事だった。こりゃ、参ったナ、と思いつつ酒をホッピーに変えた。
b0019140_13242094.jpg
出来立てアツアツのとんちゃんに冷えたホッピーが旨い。馴染みの方々と話をしながら小一時間過ごしたあたりで、土砂降りの雨も嘘のようにあがった。こりゃ、もう降らないな、と確信し店を出た。

8日から居酒屋『兵六』の長い夏休みが始まるので、一度家に戻って浴衣に着替え、神保町に繰り出した。シャワーも浴びて、気分爽快だ。

週末の『兵六』は、いつも混んでいる。そして、翌日から二週間の休みに入るって事で、いつもの面々が勢揃いしていた。
b0019140_1363020.jpg
ぬか漬けをアテに無双がススむ。

二週間、此処を忘れんように「兵六揚げ」を戴いた。
b0019140_137593.jpg
コレ、湯島『シンスケ』の「きつねラクレット」に匹敵する味なのだ。油揚げの中に納豆、刻み葱、そしてチーズ。これを炙ってアツアツに。むふふの美味さ。
巷を騒がせている酒井法子が「夫と一緒に“あぶり”をやった。」なんて言ってるらしいが、炙るのは油揚げかキビナゴぐらいにしろよナぁ。

此処『兵六』は冬寒く、夏暑い。クーラーも扇風機も無く、時折り外から流れ込む風だけを涼に酒を酌み交わす。クソ暑い中で、薩摩無双のお湯割りを呑むのだから、僕をはじめ皆相当の馬鹿でアル。しかし、この愛すべき馬鹿どもが集まって他愛の無いヨタ話に興じるのが実に愉しいひとときなのでアル。それでも、八月の暑さは尋常じゃない。目眩がする程に暑いのだから、長い夏休みも必要な訳だ。

愉しいひとときを過ごし、皆で近くの『銀漢亭』へ。

さっきまで短パンにビーサンだったキクさんも一度戻って粋な浴衣に着替えてた。
b0019140_1374325.jpg
ご近所ってのは都合が良いネ。美味い酒で、あっと云う間に夜が更けたなぁ。

翌日土曜日は、「東京湾大華火祭」だ。
この日不覚にも朝寝坊をして、立石『宇ち多”』の口開けに間に合わなかった。午後、ひとみ姐さんの膨大な帽子コレクションやアクセラリー類を整理して、浜松町に向かった。

東京湾の花火は隅田川よりもデカイ玉が打ち上がる。だから、激混みの晴海会場に行かずとも少し離れた辺りでも充分楽しめるのだ。

途中で焼きそば、枝豆も買ったし、某ビル前に腰を下ろし、準備万端。
この場所は、1時間前に来れば絶好の見物場所を確保出来るし、ギリギリに着いたって結構大丈夫なのだ。目の前の河では、東京湾に繰り出す屋形船も提灯に明かりをつけて往来している。
b0019140_1313513.jpg
夕暮れに乾杯だ。

たまにゃあ良いか、とジャンキーなマックチキンナゲットなんぞも買ってみた。
b0019140_13132745.jpg
あぁ、たまに喰うとウマいナ。

そして午後七時、真夏の夜空に大輪の花火が次々と打ち上がった。
b0019140_13131252.jpg
正に百花繚乱だネ。連発の花火も凄いが、尺五寸玉の大きさはハンパじゃない。音も凄いが、此処まで火薬玉の包み紙の破片が飛んできた。
b0019140_1314963.jpg
先日の江東花火大会も間近で見られて凄かったが、今回は12,000発と3倍もの花火が打ち上がったのだ。
b0019140_1314307.jpg
興奮しっぱなし、雨も降らず1時間余りの最高な真夏の祭典だった。

帰りもスンナリ浜松町の改札へ。JRで神田へ向かい、銀座線に乗り換え田原町へ。
b0019140_13125089.jpg
雷門『簑笠庵(さりゅうあん)』では、呑み仲間のキョウさんの誕生日との事で、ワインで乾杯し、愉しい週末となった。
b0019140_1393927.jpg
この卯の花も最高のアテだ。
b0019140_13111231.jpg
バースディケーキのロウソクを吹き消し、キョウさんもご満悦。

美味い肴に旨い酒。ホッと一息つける酒場が最高に心地良いネ。
[PR]
by cafegent | 2009-08-12 13:25 | 飲み歩き