東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日々呑んだくれ日記/恵比寿『かおる』で晩夏を呑む。

b0019140_15244964.jpg
毎月同じ事に嘆くのだが、月末は慌ただしい。
支払に追われ、午後3時までには総てを指示しなくちゃならない。
この御時世、約束通りに月末に入金をしてくれる取引先も少なくなっている。皆、計画的に遅らせるのだからナ。

それでも入金が無くたって、仕事をして貰ってる方々には支払をしなければならない。仕事場の家賃、取引先への支払い、社員の給料、その他の経費、と順番に支払い計画を立てて行くと自ずと、ボクへの給料の支払いが必ず月をまたぐ事になるのだナ。

何とか今月も乗り切ったが、まったくトホホでアル。
まぁ、それでも毎日酒が呑めるのだから幸せかもしれないナ。廻りのみんなに感謝!

さて、昨日、日本橋丸善に成田一徹さんの展覧会を拝見しに行ったのだが、明日から『児玉喬夫・東京 昭和の棲家(いえ)原画展』が始まるのだネ。
b0019140_15182415.jpg
こちらも是非観に行かなくては。

「まんが日本昔ばなし」等でのアニメーターとしても知られている児玉喬夫氏は東京の街を描き続けており、『東京絵本』(日貿出版社)と云う画集を出している。

今回、その第二弾として原画40余点が飾られるそうだ。

   「むかしを訪ね、きせつを感じ 眺めたまちなみ」

児玉氏の絵を眺めていると子供の頃に遊んだ東京が蘇ってくる。
b0019140_15185634.jpg
前回出版された画集では、同潤会青山アパートや旧白州邸、原美術館、六本木ヒルズなど東京の今と昔が残る風景を訪ね歩き、とても温かみのある絵を描いてた。
b0019140_15191644.jpg

今、手にしているDMには改築前の吉祥寺『いせや』が描かれている。
b0019140_15181223.jpg
今回もほのぼのとした東京を柔らかなタッチで描いてるネ。
b0019140_15133271.jpg
東京絵本―むかしを訪ね季節を感じ眺めたまちなみ

       ◇        ◇        ◇
夕べは渋谷に出て、『富士屋本店』で宵の口を明けた。
b0019140_15294777.jpg
此処はいつでも活気に溢れているのが好い。
大きな変形コの字カウンターに独りで立って呑んで居ても、廻りの人々を眺めているだけで愉しく酒がススムのだ。

先ずは名物ハムキャベツをアテに大瓶を戴いた。
b0019140_1582625.jpg
ビールが半分程空いた頃合いにビリー隊長がやって来た。立ち飲み酒場は椅子が無いからちょっと皆さんが詰めてくれるだけで、スルリと入る事が出来るのが、また嬉しい限り。

ビリーからハワイの土産話を聞いていると、また知った顔が階段を下りて来た。
神保町の宮崎駿こと中西さんがライターのカオルちゃんと共に来店だ。
お盆前にも此処で中西さんにお逢いしたのだが、最近もっぱら『富士屋本店』がお気に入りらしい。そして、カオル嬢は初来店だそうだ。
b0019140_158415.jpg
酒をホッピーに変え、寶焼酎を皆で呑んだ。
酒場は人が集うのが愉しい。他愛無い与太話に花が咲き、そこからまた新しい発見をする時もある。
b0019140_159231.jpg
中西さんに昨日発売の雑誌「古典酒場」をお見せした。

中西さんとカオル嬢は古いロック酒場『BYG』に移動すると云うので、僕らも外へ。
神保町『兵六』に向かおうと思ったら、恵比寿に呼び出しが入る。

そんな訳で、赤羽に向かうビリー隊長とも渋谷で別れ、一人恵比寿に向かうのであった。

カオルちゃんと逢った後に、また「かおる」でアル。
b0019140_1510474.jpg
『やきとり かおる』の戸を開けると、いつもの様に賑わっていた。
丁度カウンターに席が空いていたので、座る事が出来た。

焼酎のかぼす割りを戴いた。この日もまた隣りの座敷に大勢お客さんが居るらしく、マスターも二代目も大忙しのご様子。
b0019140_15121747.jpg
まぁ、こちらは急ぐ用事も無いのでのんびりと酒を呑みながら手が空くのを待つのだナ。
b0019140_1511226.jpg
揚げたてアツアツのアジフライで酒がさらにススむ。
b0019140_15113754.jpg
黒板に書かれた本日のアテの中から豚レバー生姜焼きを戴いた。
b0019140_15111313.jpg
コレも酒がススむアテだったナ。そして、トマトサラダだ。
b0019140_15112679.jpg
甘いトマトにドレッシングの酸味が効いて美味かった。

此処は本当に居心地の良い酒場だなぁ。
友と来ても良し、独りで呑むも良し、恵比寿神社の脇にこんなに素敵な居酒屋があったなんて、恵比寿に住んで居た頃に来なかった事を悔やむばかりだ。隣りの『Giji』には良く通ってたのになぁ。

良い具合に酔いも廻って来たので、電車のある時間に恵比寿を出た。
駒沢通りに出る手前の路地では、秋の虫が鳴いていた。それでも、顔にあたる夜風はまだ夏の匂いを残して生温かったナ。

       ほろ酔いて晩夏の道に腰おろし
[PR]
トラックバックURL : https://cafegent.exblog.jp/tb/13888437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 耳袋かおる at 2010-08-31 16:20 x
恵比寿神社周辺の風情は私も好きです。飲食店は割と
入れ替わりがあるのかもしれませんが
確かお豆腐の店に入った記憶デス。
ちなみに富士屋は二度目でありました!
Commented by やまちゃん at 2010-08-31 18:16 x
ヒヤヒヤの月末でしたね。児玉さんのほのぼのな雰囲気 原田泰治さんにも似てやさしい感じですね~
古典酒場の最新号 本屋さん覗きにゆかなくちゃ!
Commented by cafegent at 2010-09-01 11:27
かおるちゃん、コメントありがとうございます!
富士屋本店、二度目でしたか。失礼しました(苦笑)

恵比寿の『かおる』も是非一度お立寄りくだされ。
Commented by cafegent at 2010-09-01 11:29
やまちゃん、こんにちは!

「古典酒場」、内容はやまちゃんも
殆ど既に知っている店ばかりだと思いますよ(笑)

イラスト化された『宇ち多゛』のあんちゃんが笑えます。
by cafegent | 2010-08-31 15:44 | 飲み歩き | Trackback | Comments(4)