東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日々へベ日記/3年目のささやかな宴に酔いしれた。

街に花水木の花が咲き始めた。
b0019140_1562677.jpg
二十四節気では、「穀雨」(こくう)に入った。穀物が良く育つ様にと降る雨のことだ。

田畑では丁度しろかきなどを終え、田植えの準備が整い、それに合わせる様に春の雨が降る時季と云う訳だネ。

先日、月見酒の事を書いたら、呑み仲間が歌をひとつ教えてくれた。
b0019140_15344953.jpg
     月影のいたらぬ里はなけれども
               眺むる人の心にぞすむ

平安時代の末期、ただ「南無阿弥陀仏」とだけ唱えれば、誰しもが平等に救われると説いた法然上人が詠んだ歌でアル。

月の光が届かない里などはないだろうが、その月光はそれを眺める人の心によって澄んだり霞んだりするのだネ。

またしても、春風そよぐ空の下、月見酒を一献やりたくなった。
        ◇         ◇         ◇
さて、昨日は三軒茶屋キャロットタワーに在る世田谷パブリックシアターにて『鶴瓶噺』を観て来た。
b0019140_1565011.jpg
毎年、愉しみにしている鶴瓶さんのトークショーでアル。落語じゃないところが良いのだナ。毎回聴いていると、「あぁまたあのハナシだナ」とか「待ってました!あのエピソード」と自分なりのお愉しみが増えてくるのだネ。
b0019140_1573973.jpg
開演までは、やっぱりビールだネ。

今回は震災のことから、少年時代の話まで途中休憩無しで一気に二時間喋りまくった。ゲスト出演された池脇千鶴さんの和服姿も素敵だったし大いに楽しむことが出来た。

茶沢通りを下北沢へと歩いて行くと赤提灯の明かりが見えて来る。
b0019140_1581939.jpg
もつ焼き『久仁』の暖簾を潜ると店内ごった返しの大賑わいでアル。

もうスグ空くからと暫く外で待っていると中から出てきた青年に「あっコニシさん!」と声を掛けられた。

顔を見れば、トライセラトップスのベーシスト林幸治君夫妻だった。
それにしても、彼らも中々渋い店を知っているネ。

以前、浅草雷門に在る居酒屋『簑笠庵』で初めてお会いしてからと云うもの、彼らとはいつも偶然に何処かの酒場で出逢うのだナ。これが酒呑みの御縁と云うものかしら。

立ち話に花を咲かせていたら、程なく彼らが居た小上がりに席が用意された。

此処『久仁』は、祐天寺(元々は中目黒)に在る『もつ焼 ばん』出身なので、酒はやっぱりサワーだネ。

〆鯖をアテにサワーがススむ。もつ焼を待つ間に頂くのは、豚尾だ。
b0019140_1591097.jpg
『ばん』のトンビは辛さがウリだが、こちらは甘く仕上げており沖縄のテビチの様な味が絶品なのだナ。
b0019140_1584645.jpg
サワーをお替わりし、煮込みをつまんでいるとシロ、ガツなどが焼き上がった。
b0019140_15173839.jpg
店時間も近いと云うのに、外では地元の常連さんが待っている。
地域に根付いた酒場は居心地も良く和むのだネ。

小一時間程、サワーを堪能してご馳走さまだ。
此処からタクシーに乗って、三宿通りを走って貰った。

下馬一丁目のバス停前で止めて貰うと目の前に目指す店『しとらす』が見えた。

此処は青山の名店『立ち飲み なるきよ』で修行を積んだ津川君の店でアル。
なるきよの良い所を存分に吸収しており、実に居心地の良い酒場だ。
b0019140_1519320.jpg
また、午前3時まで営業しているのが、夜更けの呑んだくれ達には嬉しい限りだナ。
b0019140_15184225.jpg
美味い料理に舌鼓を打ち、芋焼酎を頂いた。

夕べは極々私的な記念日であった。
明治神宮で偕老同穴の契りを結んでから、早や3年が過ぎたのだナ。

如何せん、結婚後も悪癖を抱えたままの放蕩無頼の限りを尽くして来た訳だ。「このロクデナシのクズ野郎」と罵られつつも、良くもまぁ、そんなワタクシと3年も過ごしてくれたネ。(あっ、ワタクシがノノシられているのデスヨ!)

我が女房にはホントに頭があがらない、只々感謝でアル。

ささやかなお祝いにサザエを焼いて貰った。
b0019140_15201389.jpg
いやぁ、このサザエの雲丹焼きは、素晴らしい味だったなぁ。
b0019140_15205566.jpg
どうですか、雲丹てんこ盛りの贅沢な姿は。
b0019140_1521399.jpg
卵の黄身が雲丹とサザエを取り持つ仲人の様だった。
b0019140_15304266.jpg
これには日本酒を合わせなくちゃ、と冷やを頂いた。
b0019140_1522253.jpg
店からは、福島県白河市の蔵元『有馬醸造』が造るマッコリの様な辛口酒「虎マッコリ」をご馳走になった。
b0019140_15225616.jpg
これ、初めて吞んだが、病みつく美味さの酒だナ。

丁度其処へ僕ら二人の共通の友人である田中ミッチがやって来た。
b0019140_15241459.jpg
こりゃ、お祝いに酒でもゴチになろうか、と云うと最近羽振りが良いみたいで、シャンパンを抜いてくれたのだナ。
b0019140_15245382.jpg
それなら廻りにもお裾分けと、みんなで乾杯だ。
b0019140_1525919.jpg
ミッチの景気はまだまだ続くみたいでアル。
b0019140_15284556.jpg
2本目のシャンパンも空いた。うーん、持つべき者は酒朋だネ。
b0019140_15254669.jpg
美味い料理も続くなぁ。

くじらも美味いし、シャンパンも沢山抜くのだナ。
b0019140_1532114.jpg
こうしてささやかな宴は、深夜まで続いたのであった。
[PR]
トラックバックURL : https://cafegent.exblog.jp/tb/15316541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyanocchi2 at 2011-04-21 22:09
お!”くに”に行ってみたい”しとらす”!
そうそう行けず、記事ですらいい勉強になります。

>>偕老同穴の契りを結んでから
???
結婚記念日??
おめでとうございます!
3年とは、我が家とほぼ同じですね^^
記念日を覚えてるだけすばらしいです。
我が家は二人そろって忘れてますから、いえ、まじで。
Commented by 多摩三郎 at 2011-04-22 07:50 x
奇遇ですネ、ぼくもそんな感じで、いつも妻にののしられています。妻には頭が上がりません。この世で最も尊敬できるのは、こんな「宿六の、飲んだくれ、ブラックアウト野郎」に連れ添ってくれる妻です(^.^)b
Commented by りゅうちゃん at 2011-04-22 09:52 x
御結婚3年目ですか?おめでとうございます。これからも、末永くお幸せに!
Commented by cafegent at 2011-04-22 11:49
ここちきサマ、こんにちは!

この3年間に何度土下座をしたことか!(苦笑)
それでも、なんとか続いております!

『久仁』も『しとらす』もオススメですよん。
Commented by cafegent at 2011-04-22 11:50
多摩三郎さま、こんにちは!

お互い、適度に罵られている方が長続きして、
幸せなのかもしれないね!

また、立石でネ!
Commented by cafegent at 2011-04-22 11:51
りゅうちゃんサマ、こんにちは!

ありがとうございます。
「結婚3年目ですか」が「3回目ですか」に空目してしまいました(苦笑)

もう、これで最後にしたいと思っておりますが...。
Commented by morinco at 2011-04-22 14:53 x
ちびっと、ご無沙汰してます。
コニたん、アツさま、おめでとうございます。
久仁の弟子、池ノ上の「かる小屋」もよろしくっ!
Commented by cafegent at 2011-04-22 15:01
モリンコさま、こんにちは!

トア君の中学入学などでお忙しいのでは?

『河本』の真寿美さんも「暫く来てないわね」と
云ってましたヨ。たまには呑みましょう!
Commented by yuricoz at 2011-04-24 15:22
3周年おめでとうございます♪
討ち入りの数々をこっそり見ていると、そんなふーには
ぜんぜん思いませんでしたっ(><)(^o^)

これからも、末永くお幸せに♪ 乾杯♪
Commented by cafegent at 2011-04-25 13:27
yuricozさま、こんにちは!

ありがとうございます!良く保ってます(苦笑)

そうそう、土曜日に渋谷の「ギャラリーSER」に行きました。
情報ありがとうございました!!
by cafegent | 2011-04-21 15:35 | 飲み歩き | Trackback | Comments(10)