東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日々是日記/残り僅かな青春18で静岡吞み!

今日は「中秋の名月」なのだが、東京の空はあいにくの曇り空。夜も雨になる模様だ。昨日の夜に浮かんだ月は「十五夜」の月だった。満月に少しだけ欠けていたけれど、実に美しい月だったナ。明日は晴れになるそうなので、大きなスーパームーンを望むことが出来ると良いネ。
b0019140_152326.jpg
今日の気温も25度ぐらいだったし、すっかり外も秋の気配が漂い始めて来た。窓を開ければ秋の虫たちが集(すだ)く声が響き渡る。手に馴染んだ盃の酒に大きな月を浮かべて一献やりたいものだ。

    名月や池をめぐりて夜もすがら    芭蕉

美しい秋の月を眺めながら池の廻りを歩いていたら、いつの間にやら夜が明けていた、と詠んでいる。芭蕉が眺めていたのも池に映った大きなスーパームーンだったのだろうか、ハテ?
      ◇          ◇          ◇
この夏も「青春18切符」を駆使して旅に出た。先週は伊東の酒場に行き、静岡まで足を伸ばした。静岡は東海道の要所であり老舗の名酒場も点在している。

本当は焼津の老舗『寿屋酒店』にお邪魔したかったのだが、ご主人の足の具合がまだ良くなっておらずこの夏はずっと閉めていると伺った。
b0019140_1485615.jpg
そして、新蒲原の『岩科酒場』に向かったのだが、こちらもナント閉まっていた。臨時定休かナと思っていたが、昨日再び訪れると建物にシートが掛けられていたので、改装の為に閉めていたのかもしれないナ。
2週間前は営業していたのだから、まさか店仕舞いをした訳ではないだろう。

そんな訳で、静岡に向かったのでアル。青春18きっぷは、何処でも乗り降り出来るから、こんな時に威力を発揮するのだネ。

静岡駅を出て、暮れ泥む街を歩く。
b0019140_1493822.jpg
地下道を抜けて紺屋町の両替町通りへ。通りのスグ右手に在るのが静岡が誇る老舗の大衆酒場『多可能』(たかの)だ。
b0019140_1433770.jpg
ガラリと戸を開けて右手のカウンター席に腰を降ろす。口開け早々だったのだが、既に先客がぐい飲みを傾けていた。

先ずは生ビールで各駅列車旅の疲れを癒す。
b0019140_1442033.jpg
酒のアテは、貝の「ながらみ」だ。あぁ、実に旨い。
b0019140_1443199.jpg
小さい巻貝ながら、味がしっかりしている。

此処はカウンターの上に並ぶ大皿の料理も実に魅力的だ。串焼きなどの焼き物や天ぷらなどの揚げ物も実に美味い。そう、此処は数人で来て色んな料理を頼みながら吞むのが一番良いかもしれない。一人酒の旅は種類が余り多く頼めないのが、玉に傷だネ。

お通しの茹で落花生もウマい。
b0019140_1445714.jpg
二杯目の生ビールを終えて、酒に移る。
b0019140_146586.jpg
萩錦の辛口を冷や(常温)で戴いた。冷やだとコップ酒、燗だとお猪口が出てくるのだ。コップだと何故かグィグィと吞んでしまうのだネ。

此処の豆腐ステーキも僕の大好物なのでアル。
b0019140_1453982.jpg
バター醤油味の豆腐に貝割れ大根が良いアクセント。

お隣の方が食べていた魚がとても美味そうだったので、訊ねてみた。すると先日来た際に食べたハタの刺身が美味しかったので、店のご主人に伝えるとハタのあら煮を薦められたとのこと。おぉ、ハタのあら煮か!こりゃ美味そうだ。

と僕も早速お願いすることにした。
b0019140_1461124.jpg
それにしても、このハタ大きいなぁ。頬の部分と目玉の廻りが一番美味しいネ。

美味い料理と旨い酒、ご馳走さまでした!

『多可能』を出て、次に向かうのは串カツの『松葉』だ。

両替町通りを先へ進み、呉服町通りとの間に佇む酒場も渋い酒場だ。
b0019140_1361185.jpg
大阪梅田の串カツの名店『松葉』が地下街の拡幅工事の為、もうスグ閉店するとの知らせを聞いたが、こちらの松葉はまだまだ健在だろう。
b0019140_137323.jpg
先ずは、牛すじピリ辛煮をアテに生ビールをゴクリ!
b0019140_137462.jpg
これを食べなくちゃ、静岡に吞みに来た気がしないのだナ。
b0019140_1384583.jpg
そして串カツを揚げて貰う。
b0019140_1383417.jpg
串カツには、静岡割りだ。
b0019140_1383966.jpg
此処のクリームコロッケの串カツが美味いんだナ。おぉ、れんこん肉詰めも美味い!

余りノンビリしているとハシゴ酒が厳しいか。そんな訳で、サクッと食べてご馳走さま。

駅に戻る道すがら『松葉』から数分の『金の字支店』へ。
b0019140_1385477.jpg
こちらも言わずもがなの清水の名店『金の字』の支店だ。

カウンター席に座り、再び生ビールをグビリ!そして、もつカレー煮を喰らうのだナ。箸休めにキャベツも美味い。

そろそろ、帰りの電車の時間が気になって来た。店には申し訳ないが生ビールとお茶割り一杯でご馳走さま!

こうして、静岡から熱海へと移動。
b0019140_139644.jpg
そこからは快適なグリーン車での旅で品川まで戻ったのでアール。
by cafegent | 2014-09-09 01:53 | 飲み歩き