東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

日々ヘベレケ日記/久々の土よ宇朝酒ハシゴ酒!

七十二候では、今日までが「鶺鴒鳴」(せきれい、なく)の季節。
b0019140_19121546.jpg
川や池の水辺でセキレイが啼き始める時季という訳だ。
b0019140_1912224.jpg
街中でもハクセキレイの早足で歩く姿も観かけるし、川の浅瀬にキセキレイがやってくる頃になったのだネ。

そして、明日からは「玄鳥去」(つばめ、さる)の季節となる。
b0019140_19162951.jpg
夏の間子育てに励んだ燕(玄鳥/ツバメ)が南へと帰って行く時季が来た。二十四節気でももうスグ「秋分」を迎えるし、秋も少しずつ深まっていくのだナ。

    川草のそよりともせぬ曼珠沙華     飯田蛇笏

近所の公園でも曼珠沙華(彼岸花)の花が咲き始めた。

赤い花の蜜を求めてカラスアゲハがやって来た。
b0019140_19183663.jpg
アゲハ蝶もちゃんと毎年花の季節を心得てやって来るのだから感心するばかりでアル。
     ◇           ◇           ◇
閑話休題。

先週の土曜日は朝から京成立石へと向かった。
b0019140_1920195.jpg
駅を降りて仲見世商店街へと進むと馴染みの面々が既に集っていた。
b0019140_19203879.jpg
もつ焼き『宇ち多゛』の二つの入口前は、8割程が知った顔でアル。
ダンディ岩崎さんと地元のウーさんも早いネ!
b0019140_19205171.jpg
マルちゃんもホッシーも出席率が高い!w
皆、土曜日の口開けを愉しみに一週間頑張って働いているのだからネ。

この一週間の他愛逢い与太話に花を咲かせていると、あっと云う間に1時間半が過ぎて行く。さぁ、開店時間となった。
b0019140_19244385.jpg
いつもの奥席に腰を降ろし、「土よ宇朝酒」の宴が始まるのだ。

先ずは冷えた瓶ビールで喉の乾きを潤す。最初の一杯を飲み干すとお待ちかね「煮込み」のホネ入りがやって来る。
b0019140_19234916.jpg
土曜日のホネは平日と比べて一段と柔らかく煮込まれているから、肉がホロリと崩れる様に外れるのだ!あぁ、これぞ一皿二百円の至福だネ。
b0019140_1924539.jpg
ホンダのエンブレムの様なホネが、実に綺麗に外れたでしょ!
b0019140_19233514.jpg
「ナンコツ素焼きお酢」も変わらず美味い。
b0019140_19234879.jpg
酒を寶焼酎の梅割りに切り替えて、五臓六腑に刺激を与えるのだ。

「カシラ」は塩で焼いて貰い、残った素焼きのお酢に浸す。
b0019140_19235716.jpg
これまた美味いのなんの、南野陽子!なんちて(久しぶりだナァ!)

外は可成りの行列が出来ていた。
b0019140_20143461.jpg
では、ご馳走さま!

この日は滞在時間50分の素敵な酒宴となったのでアル。

続いて向かうのは、すっかり定番となった『四つ木製麺所』へ。
b0019140_2095224.jpg
この日は「川端諏訪神社」の例大祭だったので、先に立ち寄ってお詣りだ。
b0019140_20102820.jpg
四つ木製麺所の戸を開くと既に酒宴が始まっていた。
b0019140_2010227.jpg
ダンディ岩崎さんが金宮焼酎の一升瓶を入れていたので、遠慮なく戴くことにした。
b0019140_20101743.jpg
秋刀魚刺しなどの旬の魚をアテに酒宴が始まると、程なくして立石の重鎮イシさんや宇ち多゛の古参ご常連の大島さんもやって来た。
b0019140_20103930.jpg
再び知った顔が大勢集い、楽しい週末となった。
b0019140_20104225.jpg
キンミヤのお代わりもススんだススんだ。
b0019140_20105326.jpg
最後は〆に冷やしぶっかけうどんを戴いてご馳走さま!
b0019140_20142171.jpg
愉しい酒宴はまだまだ続きそうだナ。マスター、毎度毎度本当に感謝多謝!

程よく酔った頭を覚ましつつ、再び立石仲見世商店街へ。

おでん『二毛作』が、タイミング良く席が空いていた。
b0019140_2011839.jpg
美味しいビール「琥珀の時」を戴いて、酔いをリフレッシュ!

此処は本当にいつも席が埋まっている人気の酒場でアル。手作りのおでんも美味しいし、季節毎の酒の肴も充実しているのだネ。
b0019140_20112013.jpg
ツレが頼んだ赤ワインも、実に薫り豊で美味しかったなぁ。

午後2時を廻り、京成立石から武蔵小山へ。こうして、土曜ハシゴ酒の旅は続いたのでアール。
by cafegent | 2014-09-17 20:18 | 飲み歩き