東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

七夕の日曜、新丸子『三ちゃん食堂』で昼酒!

七夕の日曜日、朝から小雨が降り続いていたが武蔵小山駅から電車に乗って新丸子の駅へと向かった。この日は馴染みの酒場『牛太郎』に集うご常連さん達との酒宴だった。


午前11時40分、目当ての『三ちゃん食堂』に着くと酒朋嶋岡さんが既に口開けを待っていた。

今回の酒席は9名だったので、事前に席を作って戴いたようだ。12時開店なので、雨の中続々とお客さん達が集まってくる。

さぁ、12時に暖簾が出てきた。暖簾を引っ掛けるところが少し高いので往生していると、店の看板姉さんから「あんた達、早くから待っているんだから、こう時こそ手を貸しなさいよ!」と笑いながらゲキが飛ぶ。そして背の高い嶋岡さんが暖簾を引っ掛けるのだった。


そう言えば、いつの間にか入り口の扉が新しくなっていたネ。

店内に入ると向かって右側のテーブルを用意していてくれた。此処は三つ並んだ長方形のテーブルが3列ドーンと並んでいる。その正面奥が厨房だ。

此処は食堂と云っても、ほとんどの客が酒を愉しんでいる。定食もボリューム満点でガッツリと食べられるので若者にも大人気の街の食堂でもある。僕らにとっては「食堂呑み」のオアシスでアル。

先ずはビールで乾杯だ。クゥーッ、キリンラガーが美味い!これぞ露払いならぬ、梅雨払いだナ。白菜の漬物も相変わらずの味で素晴らしい。ネギぬたもイイネ!

刺身の盛り合わせにはコハダ、中トロ、活帆立、今が旬の蛸、赤貝、それに鯨が盛られていた。
クジラ刺し、美味かったナァ。
今回の集いは『牛太郎』歴50年以上の古参ご常連からここ数年よく通っている酒朋ナカミまで実に幅が広い集まりとなった。
僕の隣の小枝会長は、牛太郎ボーリング大会の会長を務めている。舞茸の天ぷらにカツオのたたきも美味い。

『三ちゃん食堂』の壁には多くの芸能人のサイン色紙やビール会社のポスターが貼ってあるが、その合間にヌードカレンダーも貼られている。


だが、ヌードと言ったって巨匠篠山紀信撮影の芸術写真だヨ。このカレンダーは年末に此処を訪れると貰えるお店の名前の入ったカレンダーなのでアル。


そして、みんなが以前から気になっていた麻婆豆腐を頼んだ。

結構辛いのだが、どことなく和風の味なんだネ。
b0019140_12453176.jpg
こちらは、ハムカツだ。此処は揚げ物も実に美味い。春巻き、イカフライ、メンコロミックスなど酒がススむ品が多い。


午後12時20分、もう店内は満席だ。雨だから少ないかと思いきや、いつも通りだナ。

ビールから焼酎に切り替える。

芋焼酎の「一刻者(いっこもん)」を炭酸割りと水割りで戴いた。焼酎も3本空いたネ。
えんどう豆の塩茹でが結構イイつまみになった。
〆にラーメンとチャーハン、そして塩焼きそばを戴いた。
此処の塩焼きそばが本当に美味しいのだナ。午後1時50分、たくさん食べてたくさん飲んだ。
b0019140_12503065.jpg
『三ちゃん食堂』の皆様、ご馳走様でした。


我々一行は再び電車に乗って、武蔵小山へと戻った。

武蔵小山駅に到着すると偶然にも『牛太郎』のじょうさん一家に遭遇したヨ。

これこそ、酒縁だネ!

改札を出て、平和通り商店街の方へと歩く。外はまだ小雨が降り続いていたナ。
向かう先は武蔵小山でも古いカラオケスナックだ。
b0019140_12523513.jpg
こうして、雨の日曜日もユル~く時間が過ぎていったのでアール。


by cafegent | 2019-07-08 12:59 | 飲み歩き