東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2005年 06月 23日 ( 1 )

蒸し暑い日が続いているねぇ。
最近、午前中だけ雨が降って午後から晴れる、っつう日が多くて困ったもんだ。大抵、帰りに傘が邪魔になるのだ。そーやって、事務所にどんどんと傘が溜まってくるのである。まぁ、どーでもいいけど。

外での打ち合わせの後、コンビニで「ゼクシィ」なる雑誌を購入した。「何!お前、また懲りずに結婚でもするのか?」って云われそうだが、そーゆー訳じゃない。僕の企画した結婚式場が9月にオープンするので、その1回目の広告が登場したのだ。それは、「ホテル銀座ラフィナート」の3Fに新装オープンする『Angel Bear Wedding Ginza』と云う式場なのだが、ドイツのロマンティック街道と愛らしいテディベアをコンセプトにしたチャペルとバンケットをクリエイティブしてみました。宣伝はこれくらいにしてと。

それにしても「ゼクシィ」って雑誌、とんでもなく重いのだ。僕でさえ重たいと感じたのだから、か弱い女性が持って帰れるのだろーか?本誌だけで、なんと1300ページもあり、さらに付録が3冊と結婚準備お役立ちDVDなんつぅのも付いている。絶対に3キロくらいはあるぞ。これを両手に持って運動すれば、結婚式までに確実にシェイプアップできるだろーな。こんなに分厚くて付録も満載で500円なんだから、そーとー売れているのだろう。まぁ、どーでもいいけど。

映画「ニライカナイからの手紙」が今月から公開が始まったが、主人公の蒼井優ちゃん、人気がうなぎ昇りで上がってるね。金曜ドラマの「タイガー&ドラゴン」の人気もあいまって彼女のファンが増えているらしい。みんなも応援しなくちゃ、だね。そう云えば、来月から公開される『逆境ナイン』という映画が面白そーだ。
最近は漫画が原作のドラマや映画が多いけれど、これも昔「少年キャプテン」に連載されてた島本和彦さんの同名マンガが原作だ。島本和彦作品では、他にも「炎の転校生」って云う、熱血転校生マンガも好きだったなぁ。漫画も面白かったけど、今回何が凄いって脚本が、スマスマ(「SMAP×SMAP」)の構成作家の福田雄一と云う方で、監督は羽住英一郎、そう昨年「海猿 ウミザル」で監督デビューした注目株の監督の最新作なのだから、面白くない訳がないっつうの。
『逆境ナイン』って、いわゆる野球部のスポ根マンガなんだけど、主人公の名前が「不屈闘志」、高校の名前も「全力学園」。なっ、かなりバカバカしいだろ、不屈の闘志で逆境に立ち向かう熱血ど根性男なのだ。
とんでもなく弱い野球部のキャプテン不屈闘志が廃部に追い込まれそうになり、甲子園に出ることを校長に宣言するんだが、次々と逆境が待ち受けているのだ。スポ根モノに「少林サッカー」ばりの特撮CGがてんこ盛りなんで、みんなで楽しく観れる映画かも。
主役はイケメン俳優の玉山鉄二、いまはたしか「離婚弁護士2」に出てるね。
ダメダメ野球部の監督役がココリコの田中直樹なんだけど、これがまたイイ味だしてる訳よ。彼は、三谷幸喜監督の「みんなのいえ」と云う映画を観て好きになった。あの映画は、ココリコ田中が居なかったらつまらん映画だったと思うなぁ。
あとは、探検隊長・藤岡弘が脇を固めているのだ。
渋谷のピカソビルの上に在る「アミューズCQN」で7月2日から公開されるから、騙されたと思って観て欲しいなぁ。あっ映画を観終わったら、1Fの「IXC CAFE」でお茶してねん。って今日は自分の宣伝が多いなぁ。
「逆境ナイン公式サイト」

昨日は恵比寿のWhoopeeで飲んでいたら、見覚えのある顔が店に入って来た。でも、その人札幌で酒場を6、7件やっている人だから、東京に居る筈は無いし、他人のそら似だろうと思って、また酒を飲んでいたら、向こうから声を掛けてきた。やっぱり、その人だった訳で、なんでも札幌に立ち飲み屋を創ろうと思って、東京の立ち飲み屋を見に来たとの事だった。通称、まろさんは、札幌の飲食業界では古株の方で、僕が高校生の頃に通った「ソウル喫茶しゃらく」の経営者であり、彼が1ヶ月ほどインド旅行とかに出かけている間、僕が店を開けていたこともあった。16,7年前に僕が初めて下北沢にソウルバーを出したときも、役に立てばって、ソウルの名盤コレクションを100枚近く譲ってくれたのだ。今じゃ、バー、居酒屋、ダイニングバーなんかをいくつも経営して飲食ビルも持っている。これからオープンさせる立ち飲み屋も狸小路の中らしいけど、繁盛するといいね。
彼らは昨日東京に来て、すぐ八丁堀の立ち飲み屋「スタンドバー・マル」を皮切りに、恵比寿「18番」あたりを数件ハシゴして来たらしい。それじゃあ、って云う事で彼らを「なるきよ」に連れて行って、東京の流行りの立ち飲み屋スタイルを見せてあげて、夜も絶好調になってきたので、宮益坂裏手の「ムードトランプ」に場所を変えた。午前1時を少し回ったところだけど、いつになく空いていて6人が難なく座る事ができた。が、空いていたのもつかの間で、どんどんとすし詰状態になっていき、知った顔が集まって来た。姉妹店Pianoのルア君や青山Stairの築地加奈ちゃんもヌードトランプのオーナーの松村さんと一緒にやってきた。それにしても加奈ちゃんは可愛いなぁ。恵比寿の「Whoopee」もみんな可愛いが、八丁堀の「スタンドバー・マル」の女の子もそーとー可愛いらしい。まろさんがしきりにほざいてた。じゃあ、ぜひ今度行ってみよーかなぁ。
さて、話がどーでもいー方向にそれたので、今日はここまで、と。
『はいっ、タイガー&ドラゴン!』なんつって。
by cafegent | 2005-06-23 19:20 | 飲み歩き