東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年 07月 09日 ( 1 )

週末は土日とも仕事が入ってしまった。
でも、仕事が終われば、また酒が恋しくなってくる。そんな訳で渋谷に出て、のんべえ横丁へ。
b0019140_15342818.jpg
11時近かったが、何処の店も賑わっていたなぁ。「ビストロだるぶる」や「莢」では入り口に、願い事を書いた短冊を飾った笹が出ていた。季節を感じつつ飲む酒はまた美味しい。

そして、何の飾りも無く普段同様の「Non」へ。

女のコのお客さんが多い。むふふ。でも、中々その輪に入れず、入り口付近で独り飲みだったのだ。外の風が心地良いナぁとビールを吞んでいたら、蚊に刺されてしまった。そしたら、カウンターの奥に座っていた素敵なコが携帯ムヒを貸してくれた。優しいネ、嬉しいネ。漸くココから会話が弾み、僕はさらに「むふふ」であった。
b0019140_1531259.jpg
いい気になって吞んでいたら、ファッションデザイナーの大鳥居さんと僕だけになっていた。
b0019140_1534961.jpg
夜も更けたか。そろそろ店じまいと云う時間に働き者のヨッシー登場。彼女は三宿の料理屋で修行の身だから、人一倍働いて居るのだ。

皆でカンパイをして、渋谷駅交番の並び、高架下の蕎麦屋「カワケイ」にて飲み直しとなった。
b0019140_1554498.jpg
夜明けも近いナ。
b0019140_1525372.jpg
煮カツをアテに生でカンパイ。
b0019140_154419.jpg
店を閉めてきたNonのよっさんが合流したのは、朝4時近くだった。
b0019140_15241941.jpg
ヨッシー、キューピーちゃんみたいで可愛いネ。
b0019140_155517.jpg
渋谷の空も徐々に朝焼けに包まれてきた。宮益坂方面から見覚えのある顔が歩いて来た。「デロリ」のアキオさんだった。そう云えば、翌日は恵比寿駅で「デロリ」のおタキさんに会ったなぁ。こりゃ、近々店に顔を出せってコトだね。

大鳥居さんとボクのオヤジ組はこれにて帰宅。
しかし、ヨッシーとよっさんは朝8時過ぎまで「山家」(やまが)で飲んでたそうだ。タフだね、まったく。

さて、今週月曜は恵比寿「縄のれん」へ。
ゴールドジムで筋肉を痛めつけ、前日の酒をすべて出し切ったので、先ずは歩いてNonへ。
冷えたビールで和んで居ると、大鳥居さんがやって来た。
さっきまで「縄のれん」に居て、「やっぱり、あそこのハラミ最高!」と云っていた。その名を聞いた途端、無性に行きたくなり、ひとみ姐さんに連絡すると、彼女は祐天寺「ばん」の帰りで「246(にょろ)」に居ると云う。そして、現地合流する事になったのだ。
b0019140_156297.jpg
暖簾をくぐれば、コピーライターの森さんと幼馴染みの瀬戸さんが先客で来ていた。ハラミとミノをアテにハイボールをグビリ。
b0019140_1572518.jpg
此処のボールは本当に美味しくて、クイクイいってしまうので、つい飲み過ぎになるナ。
b0019140_1575970.jpg
「縄のれん」親子の皆さん、ご馳走さまでした。

店じまいの時間も近づいてきたので、僕らは4人でえびすストアの「Whoopee」へ移動。相変わらずウーピーは賑わって居る。カウンターの奥では馴染みの顔が勢揃いしていた。

そう云えば、最近とても可愛いコが働いて居るのだ。
今までココは店長のゆきえちゃんだけが背が高くて、他は皆ちっちゃいコばかりだったのだが、ゆきえちゃんと肩を並べる程スラリとした背丈でモデルでもしてるんだろうか、と思わんばかりの素敵なコなのだ。
b0019140_159639.jpg
それにしても、ウーピーはスタッフ全員が可愛いと云うのが良いネぇ。
b0019140_15233137.jpg
コレでついワインのボトルが空いてしまうんだろうナ。
****************************************************
昨日は仕事が終わると速攻で都営浅草線に飛び乗った。立石「宇ち多”」は平日も週末も関係なく激混みでアル。それでも、たまにタイミング良く待たずに入れることがあるのだ。独りで梅割りを愉しんで居ると、暖簾の向こうに知った顔が笑ってる。おぉ、ビリーも来たのか。そして、店のみんなも気を使ってくれて、隣の席を譲ってくれた。嬉しいネ、ほんと。
b0019140_159397.jpg
生レバにテッポウ、煮込みを味わい、渋谷へと移動した。

久しぶりにのんべえ横丁「鳥重」へ、ご相伴に預かる事になったのだ。
ボクはいつも当日に連絡して、空いてたら伺っている。しかし、ここ数ヶ月ずっと予約が埋まっているらしく、いつ電話しても入れなかったのだった。昨日は友人がずっと前に予約を取っていたらしく、便乗してしまった。うひひ。

まずは、レバーをタレで。一本目の串が焼き上がる頃、冷えたビールの栓を抜いて出してくれる。いつもお馴染みのタイミングである。

此処の鳥レバはタレが美味い。大根おろしをたっぷり載せて食べれば、顔が緩みっぱなしになる程の旨さなのだ。しまった。焼き上がりをすぐ食べるのが旨いんで、写真残すの忘れた。ここは一串が普通の焼き鳥の4本分位はあるのだ。
b0019140_15262660.jpg
レバー1個がこの大きさだからねぇ。凄いでしょ。

続いて、心臓を戴く。普通、一般の焼き鳥屋さんで出て来る「ハツ」と云えば鶏の小さな心臓が二つに割かれ、それが3つ程竹串にささっているだろう。ところが、「鳥重」は違うのだ。
b0019140_15101798.jpg
見よ、此のボリュームを。鶏11羽分なのだ。まったく恐れ入るね。
鳥重の日本酒はこの小さな薬缶に入って出て来る。
b0019140_1511478.jpg
ここで酒をビールから賀茂鶴に変えて、「生を少々」戴くことに。

「生」とは鶏のレバーなのだ。
b0019140_15103829.jpg
女将さん曰く、レバーは夏が美味しいらしい。コクが有り、しっとり、ねっとりとした味わいは冬場だと水っぽくなるそうだ。
生姜とにんにく醤油で戴くのも良いし、胡麻油と塩で合わせるのも素晴らしく美味しい。またまた、むふふ。

ところが、仕入れが一層難しくなって来て、もう此の「鶏レバ生」が食べられなくなると聞いた。大変残念な話だが、仕方のない事だ。無くなる前にせめてもう一度来ようかな。

最後に合鴨を戴いて、お新香と鶏スープでご馳走さまだ。
b0019140_15123547.jpg
この名店を支え続けているお母さんの背中に感謝でアル。

時間も早いし恵比寿に出て、飲み直す。
「恵比寿横丁」はいつ来ても盛況だね。さて、何処に入ろうか。
昨日は二度目の「純ちゃん」へお邪魔した。ビニールカーテンを潜れば、其処はすっかり博多の屋台に居る気分になる。
甘ったるいサワーが嫌いな方は、此処のレモンサワーは良いぞ。恵比寿横丁内も色々と探索したけど、どの店もサワーが甘いのだ。使っているシロップのせいなのだろうが、アレなら酎ハイにスライスレモンを入れた方がイイ。

博多おでんに、純ちゃんオススメの牛すじポンを戴いた。
b0019140_15143433.jpg
うーん、レモンサワーが進むネ。
しかし、さっき焼き鳥食べたばかりだと云うのに食欲旺盛だ。〆にしっかり博多屋台名物と云う「焼ラーメン」を食べてみた。
b0019140_15145628.jpg
悪くは無いが、「油そば」の方が好みだナ、ボクは。
b0019140_15152637.jpg
あぁ、良く食べ良く飲んだ。
徐々に自分の体型が西田敏行化しているのがコワイなぁ。トホホ。
[PR]
by cafegent | 2008-07-09 15:41 | 飲み歩き