東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent

2010年 08月 02日 ( 1 )

夏真っ盛りだネ。浴衣の季節到来でアル。
b0019140_17444188.jpg
本染めの浴衣生地を戴いたので、昨年浴衣を仕立てた呉服店に持参し新しい浴衣を作る事にした。
b0019140_1745294.jpg
お盆明けには仕上がる予定だから、麻布十番祭りには間に合うナ。

さて、先週の金曜日は月末と云う事もあり、朝から金策に奔走したり、銀行の手続き指示をしたりと慌ただしかった。

だが、腹を括って乗り切ってしまえば、後は8月を待つばかり。仕事の区切りをつけ、新宿ションベン横丁に在る鰻串の『カブト』の口開けにお邪魔した。

最初は武蔵小山『牛太郎』に行こうと思っていたのだが、ツイッターで山ちゃんが『カブト』の口開けを狙うとつぶやいていたので、目黒から真っつぐ新宿へ。

ガードを潜り、横丁に入り込むと鰻を焼く香ばしい煙の匂いが路地を漂っていた。
口開け早々から満席状態となっていたが、此処のお客さんたちもいつも親切で、無理矢理椅子を入れてくれるのだナ。そんな訳で待たずに酒にありつけたのだ。
b0019140_17462456.jpg
ビールの小瓶を呑み干した頃、大将が気を利かせて山ちゃんの隣りへと移動させて戴いた。此処の鰻串は「一通り」を食べないとバカウマなレバ串が喰えないのだネ。

で、迷わず此処では「一通り、お願い!」と叫ぶのだ。

えりが2串、ひれ焼き2串、肝焼き1串、蒲焼き1串、そして最後はレバ串だ。
b0019140_17464987.jpg
此処の金宮はキンキンに冷えているから夏のこの時期は嬉しいのだ。

トクトクと注がれた焼酎に自分で梅エキスを垂らし、口から持っていくのだナ。あぁ、至福の白昼夢へと誘われるのだ。
b0019140_1748098.jpg
此処の焼き台の後ろの壁には日めくりカレンダーが掛かっている。
其処に親方が毎日手描きの墨文字を記しているのだ。実に男らしい文字にいつも惚れ惚れしながら観ていたのだが、ナント戴く事が出来た。
b0019140_1747403.jpg
嬉しいじゃないか、これを仕事場の壁に貼れば、毎日鰻詣が出来るって訳だナ。むふふ。

梅割りのチェイサーに小瓶を追加し、蒲焼きの塩もお願いした。
b0019140_17483953.jpg
塩焼きも美味いのだなぁ。

結局、金宮3つに小瓶が2つか。うーん、エンジン全開だ。

山ちゃんを誘い、結局武蔵小山『牛太郎』へと酒場を移す。
b0019140_17493053.jpg
牛太郎は口開け直後だったので、暫く後ろで待つ覚悟で望んだが、タイミング良く5分と待たずに焼き場のシゲさん側の席に座る事が出来た。
b0019140_1749283.jpg
とんちゃんをアテにホッピーが美味い。
b0019140_17501749.jpg
しばし、酒場談義に花が咲く。
b0019140_17503298.jpg

ところが、カブトで金宮呑み過ぎたのか、山ちゃんスッカリカウンターが枕になっちまった。

ムサコで山ちゃんと別れ、一度家に戻った。

夜は浴衣に着替え、神保町『兵六』の暖簾を潜ることにした。
b0019140_17512249.jpg
兵六では、一足先に酒朋キクさんが待っていた。
b0019140_1750529.jpg
キクさんも粋な浴衣姿だネ。
b0019140_17514063.jpg
おや、この日の兵六は女子率高し!間の荒木マタエモンさん、終始笑顔かナ。
b0019140_1752783.jpg
先週は葬儀でバタついたが、いつもの『兵六』に戻って良かったネ。
皆さん、お疲れさまでした。

そして、いつもの様に『銀漢亭』へと流れていった。
b0019140_17524650.jpg
キクさん、マタエモンさん、まるで漫才コンビですナ。
b0019140_17542067.jpg
可成り酩酊したが、なんとか無事に家には帰ったようだった。

だが、朝吉野家のテイクアウトの残骸が有ったが、まるで記憶が無い。
またしても、夢遊病者の様に帰りに立ち寄っていたのだナ。参った、また飲み過ぎ記憶無しの週末だ。

夜明けに目を覚ましたら、朝焼けが綺麗だった。
b0019140_1754494.jpg
とても夏らしい空に暫く見とれてしまった。
by cafegent | 2010-08-02 17:59 | 飲み歩き