東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent

2010年 08月 03日 ( 2 )

花火までまだ早いのだが、酒宴の準備もあるので大野邸へと向かった。
b0019140_12505534.jpg
天麩羅『土手の伊勢屋』の交差点を右に入れば、そこは江戸吉原大門の入口だ。エレベーターに乗り、小ヒロ&mooちゃん夫妻宅へ。

途中で出逢う地元の方たちの浴衣姿は、なんとも粋だよネ。
b0019140_12512247.jpg
渋い浴衣は姐さんたちの魅力を倍増させるのだナ。

僕らは今回初めてお邪魔したのだが、毎年恒例となっていて20人程の人で賑わうのだナ。
b0019140_1252379.jpg
ベランダからは東京スカイツリーが一望出来て、その左側に第一会場の花火が打ち上がるのだ。
b0019140_12522243.jpg
mooちゃん手作り野菜のゼリー寄せやフィンガーフードが素晴らしい。
b0019140_12525191.jpg
小ヒロさんは今日の為に宇ち多゛仕様の梅割りの準備をしてくれた。
b0019140_1253564.jpg
そして、しっかり「天羽の梅」も用意されていた。
b0019140_1254138.jpg
小ヒロさん、気合い十分だネ。
b0019140_12542079.jpg
こちらの鰹のタタキも凄いネ。
b0019140_1254409.jpg
稲荷寿司に水茄子の漬け物や自家製塩らっきょうも登場。
b0019140_12554984.jpg
皆で持ち寄ると凄い事になるのだナ。嬉しいネ、愉しいネ。
b0019140_1256215.jpg
浅草から酒朋ミヤッチもやって来て、一先ず乾杯だ!

ワタクシのスペアリブもちゃんと盛りつけて貰うと素敵に見えるネ。
b0019140_12561447.jpg
作った甲斐が有ったナ。
b0019140_12563050.jpg
ハッシー差し入れの崎陽軒のシュウマイは冷めても美味いから酒のアテに最適だ。

そして日が暮れてきて、いよいよ花火大会の始まりだ。
b0019140_12565041.jpg
美しい!スカイツリーと大輪の競演は見事だナ。
b0019140_1257372.jpg
屋上に上がると両国の第二会場も観られるのだ。ハッシーと二人で屋上へ上がる事にした。
b0019140_12573882.jpg
それにしても玄関は凄い事になっていた。
b0019140_1322588.jpg
ほぅ、屋上から観ると吉原はこう見えるのだネ。中々、壮観。
b0019140_1333669.jpg
なるほど、両国の方が遠くになるのだナ。
b0019140_134723.jpg
スカイツリーが完成したら、花火よりも高いのだろうネ。
b0019140_1353594.jpg
花火大会も無事終了し、後はひたすら酒宴が続くだけだ。
b0019140_136627.jpg
ハッシーももう随分と酔っぱらっているご様子だネ。

酔い覚ましに「東京ブラック」のエールビールをゴクっと一息。
b0019140_1362479.jpg
あぁ、酔った。あぁ、喰った。満足、満腹、大感激だネ。

小ヒロ&mooちゃん夫妻、愉しい宴をありがとうございました。
なんとか終電に乗って帰る事ができたヨ。また、来年も宜しくお願いします!!と勝手に決めてしまうのだナ。ぐふふ。
by cafegent | 2010-08-03 13:08 | 飲み歩き
今朝の雲はまさに夏の雲だった。
b0019140_12325158.jpg
海まで出掛けて、モクモクと水平線の向こうに立ち上る入道雲が見たくなったナ。

僕は日中に出る月を見つけると嬉しくなるのだ。
b0019140_12325998.jpg
今朝は青い空の中にポッカリと浮いていた。

吉田修一の小説『悪人』が映画になったのだネ。主演は妻夫木クンに深津絵里さんだそうだ。小説を先に読んでいるから、この配役にちょいと首をひねってしまったが、彼がどんな風にこの主人公の青年を演じるのか楽しみに観てみようか。
b0019140_12332222.jpg
吉田修一作品の中で、未だ読んでいなかった『パレード』が文庫本になっていたので買って来た。
今日も絶好のプール日和だ。目黒区民プールのプールサイドで寝転んで読むとしよう。
パレード (幻冬舎文庫)

パレードと云う言葉にどうしても『ナイアガラトライアングル』の中で山下達郎が唄った「パレード」が浮かぶのだナ。♪通りにあふれる虹のかけらをあなたにひとつ僕にもひとつ ごらん、パレードが行くよ〜.....♪ 
この歌が浮かぶのは、きっと僕だけじゃないだろうネ。
        ◇        ◇        ◇
さて、先週の土曜日は夏の祭典『隅田川花火大会』だった。
隅田川に架かる桜橋周辺と第二会場となる両国、駒形橋周辺は大変な人集りとなった。

そんな激混み状態の隅田川近くを避け、今年は酒朋大野夫妻の住む吉原大門での花火見物となった。

この日は立石朝酒は無し。何故なら『宇ち多゛』が夏休みを取っていたからだ。久しぶりに午前中を酒無しで過ごした。風呂場の掃除をし、メダカの水を取り替えて朝が終わった。昼からは手土産に持参する酒のアテ造りに取り掛かった。

前日からタレに漬け込んでおいた豚肉はホエー豚のスペアリブ肉。
ホエー豚は焼くととってもジューシーだと肉屋の方に薦められたので、素直に買ってみた。

そして、例の小泉教授の本で学んだ自家製チャーシューのタレに一晩浸けた肉を200度に熱したオーブンで焼いて行く。
b0019140_12432510.jpg
クッキングシートに並べたスペアリブ肉は、下段で12分、上段で13分じっくりと焼き上げる。
b0019140_12401411.jpg
量が多かったので、二回に分けた。
b0019140_12385589.jpg
オーブンって続けて焼くにしても余熱の時間が掛かるのだネ。
b0019140_12403083.jpg
竹串を肉に刺して、透明な肉汁が出てくればバッチリだ。う〜ん、良い塩梅に焼き上がったゾ。
b0019140_12404665.jpg
第二弾も無事に焼き上がり、準備完了。

そして、花火見物前にちょいと一杯。三ノ輪駅で酒朋ハッシーと待ち合わせをして『弁慶』の暖簾を潜る。
b0019140_1237323.jpg
コの字のカウンターでは、常連さん達がマイペースでグラスを傾けている。暑いので誰も煮込みを食べず、茹でたての枝豆や秋刀魚刺しで一杯やっている。
b0019140_12373043.jpg
で、僕らも谷中生姜と枝豆をアテに酎ハイを戴いた。

途中でふらりと入って来た方に見覚えが有った。ハテ、確かに知っている顔だ。一人でツイートしながら淡々と生のジョッキを呑んで居た。

向こうが先に席を立ったので、帰り際に声を掛けてみると、やっぱり古い知り合いだった。僕の兄の友人の木原さんだった。JR系の代理店で仕事をしている木原さんとは僕も随分と仲良くさせてもらっていた。今はオーディオ評論家として有名になった和田博己さんが最初に僕の兄に引き合わせてくれたんじゃなかったかナ。
もう30年近く前の話だから、記憶も曖昧だ。
b0019140_12374231.jpg
僕も一度だけ木原さんと仕事をした事が有った。まだインターネット黎明期、JRも顧客サービス向けのホームページを作ろうと云う話になり、木原さんが僕に振ってくれたのだ。そして、僕がプロデュースして、当時広告賞のADC最高賞を受賞して話題になっていた立花ハジメさんに依頼してJRのホームページを作って貰ったのだ。可成り斬新なグラフィックだったが、JRにはチト強烈だったかナ。

それからまた暫くご無沙汰しており、恵比寿駅近くのカレー喫茶『ストック』のカウンターでお会いしたのが、最後だった。あの時も久しぶりだったが、もう4、5年も前の話だ。そして『ストック』ももう無い。

一度お会計を済ませたのに、もう一度僕らの酒にお付き合い頂いた。ありがとうございました。それにしても、三ノ輪の小さな煮込み屋で会うなんて、驚きだ。この再会に感謝!時々またこうして酒を酌み交わしましょう。

そして、僕らは小ヒロ&mooちゃん夫妻のお宅へ向かう事にした。

つづく...
by cafegent | 2010-08-03 12:48 | 飲み歩き