東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent

2010年 11月 29日 ( 1 )

今朝はとても気持ち良く晴れ、ヒヨドリが大きな声で啼いていた。
b0019140_15274390.jpg
雲一つない空を見上げると旅客機が白い尾を引いて何処かの国へと飛んでいた。羽田空港から国際線が頻繁に飛ぶ様になり、我が家の上を飛び交う飛行機の数が増えた様に感じるナ。

目黒不動の境内では、高い木々から赤茶色の朽ち葉が秋の風に遊ばれているかの様に一斉に舞っていた。
黙々と地面を掃いていた方々も、これじゃぁ苦笑いしか出来ないナ。

先週の金曜は人間ドック帰りのビリーと待ち合わせをして立石へ。

『宇ち多゛』のソウさん側入口は、毎度お馴染みの面々が集う。
月曜から土曜まで毎日口開けに来ているカノウさんも冬の着物に衣更えしていたナ。
b0019140_15325816.jpg
平日ならではのシンキ(コブクロとテッポウ)やツルを戴いて大満足。
ビリーも久しぶりのホネ煮込みにありつけてゴキゲンなご様子だった。

続いて向かうは『二毛作』だ。
b0019140_1533529.jpg
生金柑を使ったジンソーダを戴いた。これまた香りが高く味も良い。
うーん、当分の間はコレだナ。

ぎんなんをアテにビリーはいつもの冷酒でアル。
b0019140_15342184.jpg
この日は埼玉新亀酒造の純米「真穂人」が、日高さんオススメだ。
b0019140_15354028.jpg
それにしても、私服姿のビリーも新鮮だネ。

向かいの八百屋さんでは久しぶりに居酒屋『ゆう』のママに再会した。
b0019140_15355664.jpg
体調を壊して店を辞めてからもう半年以上経つのだネ。でも元気そうでなによりだ。

二杯目の金柑割りを呑み干して、僕は一人で木場へと向かった。
b0019140_153724100.jpg
『河本』の暖簾を潜り、温かいおでんをつまみながら呑むこの季節のホッピーも格別に美味い。
b0019140_15374651.jpg
ホッピーを二杯飲んで、終了した。外に出ると森さん親子に出逢った。

この日は深酒を控えた。なにしろ翌日はまた朝から『土よ宇』が待っていたからネ。

家に戻り、やっと届いた中川一辺陶さんの土鍋を開ける。
b0019140_15413687.jpg
土鍋は馴染むまで使わないといけないので、常夜鍋を作ってみた。
b0019140_15415136.jpg
たっぷりの法蓮草と豚肉が主な常夜鍋は、シンプル故に毎日食べても飽きない味だ。それが名前の由来だネ。
b0019140_1542441.jpg
日頃の野菜不足をこれで補い、〆は冷蔵庫に残ってたうどんを一玉入れて食べた。
b0019140_1542166.jpg
これでお腹も満腹になったのだナ。
        ◇       ◇       ◇
土曜日は朝8時半に家を出る。押上駅を出た電車が地上に上がると車窓から建設中の東京スカイツリーを眺める事が出来る。
b0019140_15433888.jpg
第二展望台も完成していたネ。この日も沢山見物に来ていただろう。

さて、立石『宇ち多゛』では、この日も9時半頃から人が並び始めた。
b0019140_15453160.jpg
胃に穴が空き暫く酒を控えていた岩崎さんも久々の登場だ。
b0019140_15451389.jpg
秋元屋冷蔵庫前のユリちゃんもこの日は珍しく口開けだ。
b0019140_15482459.jpg
この日は地元のイシさん、古株大島さん、岩井さん、信吾さん、それに自転車野郎星さんも集まり、これが朝の十時台かと思う程、ソウさん側奥席はいつにも増して賑やかだった。
b0019140_1548573.jpg
ホネも柔らかそうだネ。大瓶に梅二杯で、終了。

二軒目は毎度の『ゑびすや食堂』へと移動する。
b0019140_15493330.jpg
カウンター、小上がり、テーブルと我々で占拠してしまったネ。

どうです、大島さんもイシさんも素敵に歳を重ねた良い顔ですナ。
b0019140_1550779.jpg
それにしても大島さん、ひれ酒呑み過ぎでしょう!
b0019140_15501962.jpg
緑茶割りがススみ、久しぶりにカツ丼を食べた。あぁ、満足な土曜朝酒だった。

午後は秩父宮ラグビー場にて、サントリー対NTTコミュニケーションズの試合へと出かけた。
b0019140_1551364.jpg
もちろんNTTコムの応援なのだが、いかんせん酒が廻っているので、応援も激しくなる。
b0019140_15515959.jpg
ラグビー場の向こうの木々も秋の彩りだネ。
b0019140_15524493.jpg
中々面白い試合だったが、健闘虚しく負けてしまった。

東京縦横無尽ハシゴ酒なワタクシたちは、京成立石から外苑前に出て、また舞い戻る様に浅草方面へと移動してみた。
b0019140_15533083.jpg
一緒にラグビー観戦したQちゃん、ユリちゃんを誘って雷門『簑笠庵』の暖簾を潜った。
b0019140_15534287.jpg
マテ貝焼きと温野菜のアンチョビ合えをアテにいつもの薩摩富士のお湯割りを戴いた。
b0019140_15542243.jpg
本当に酒呑みが好む味だね、此処は。

マタエモンさん等いつもの面々も集っており、酒もススんだナ。

あぁ、この晩も愉しく夜が更けた。そして記憶有る間に帰ったのサ。
by cafegent | 2010-11-29 16:00 | 飲み歩き