東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent

2012年 05月 11日 ( 2 )

先日また新橋に在る小さな小さなお寿司屋さんにお邪魔して来た。
駅前の新橋駅前ビル2号館の地下一階に在るのだが、廻りが殆ど酒場なので雰囲気が異質だ。
b0019140_15543033.jpg
先月もご一緒した酒朋キクさんとの再訪だ。

此処『すし処まさ』は、店主の鈴木優さんが一人で切り盛りしているカウンター三席のみの寿司屋だ。
b0019140_15573031.jpg
一日3人の二回転のみなので、多くても6人しか食すことが出来ないのだ。時々無理をして4人で利用する組も居るそうだが、可成りキツいだろうネ。故に予約を取るのも必死なのだ。今では一年半以上も先じゃないと予約が出来ない程だそうだ。

僕の場合は訪れる度に幾つか予約を入れることにしている。但し、難点もある。酒に酔っているので、一体いつの予約を取ったのかを忘れてしまうのだナ。で、優さんに電話して再確認する始末。まったくねぇ。

先月は、この三人席の真ん中でヘベのレケとなりご主人の目の前で寝落ちしてしまった。記憶がなくなって当たり前か。トホホ。

先ずはビールで乾杯だ。
b0019140_15572723.jpg
この日の魚も美味しそうだナ。

ご主人、店が狭いからと携帯カメラ用魚眼レンズを貸して戴けるのだ。コレを装着して写すと、ホラご覧の様な写真が撮れるのだヨ。
b0019140_161215.jpg
凄いネ、愉しいネ。

さぁ、先ずはアイナメの薄造りから。
b0019140_1612263.jpg
歯ごたえ良し、実に美味し。

お造りは、かつお、牡丹海老。旬のかつおは美味い。
b0019140_1621721.jpg
   目には青葉 山ほととぎす 初鰹

今の季節に相応しい名句だネ。

山口素堂が詠んだこの句には、季語が三つも入っているが、目で青葉を眺め、ホトトギスの啼く声に耳を澄まし、これで初鰹を食すことが出来たら最高なのになぁ、と詠んだのだろうか。この頃の江戸っ子は「女房を質に入れてでも、初鰹を喰いたい」と思っていたのだからネ。

この日は、誕生日の方をお招きしたので、ささやかな祝いの酒宴となった。しかも誕生日の本人持参の「黒龍」の特選吟醸を開けて貰った。
b0019140_1641265.jpg
お猪口も持参。
b0019140_1642434.jpg
コレは、錦糸町の『松徳硝子』が作るうすはりグラス。
b0019140_16568.jpg
蛇の目のコースターが透けるのがナイス!
b0019140_1644988.jpg
店主の優さんと一緒に祝いの乾杯だ。

いつも思うが、優さんは本当に腰が低く、人当たりが良いのだナ。
b0019140_16192933.jpg
寿司も美味いが、此処で過ごす時間のなんと心地良いことか。この至福の二時間を愉しみたいから、何度も足繁く通うのでアル。

続いて自家製の濃い豆乳で作った豆腐。
b0019140_1653549.jpg
正に大豆の風味を味わう自慢の一品だネ。
b0019140_1654775.jpg
今度は、牡丹の花の様なメバチマグロの登場だ。
b0019140_1672054.jpg
これは、自分で炙って戴く。
b0019140_1662657.jpg
マスタード風味のタレが、これまた合う。粒マスタードを裏漉しして同量の醤油で伸ばし、酢を少しだけ足すそうだ。
b0019140_1672482.jpg
そして、京都の北、舞鶴で採れた岩牡蠣。
b0019140_1682244.jpg
これも酒に合うが、次に出たホタルイカが最高でグィグィと酒がススんだのだナ。
b0019140_1684067.jpg
さぁ、ここから握りが始まるのだ。
b0019140_16114520.jpg
先ずは、本マグロ赤身のヅケから。
b0019140_16115856.jpg
赤身の味が引き立つなぁ。

お次ぎは、香川県の赤貝だ。
b0019140_16122871.jpg
愛知県の赤酢で〆たご飯に合う。
b0019140_16131339.jpg
長崎県産の墨イカも美味い。
b0019140_16132237.jpg
そろそろ墨イカの時季が終わるネ。
b0019140_16201887.jpg
生鳥貝は裏をほんのりと炙ってくれた。
b0019140_16141961.jpg
むふふ、の美味さ!
b0019140_16151058.jpg
このアジも脂の乗り具合が良い。僕は小肌も大好きなのだナ。
b0019140_16155380.jpg
この仕事が、目にもイイネ。
b0019140_16164922.jpg
根室産のウニで握りが終了。
b0019140_16163746.jpg
最後に鉄火巻きを戴いてご馳走様だ。結局、一升瓶も空になったネ。

あぁ、今回は店の中で寝落ちせずに済んだ。前回呆れてたキクさんもホッとしたかナ。
b0019140_16225853.jpg
優さん、ご馳走さまでした。また、夏にお世話になります!

続いて、向かったのは神保町のビアバー『ユーロスターカフェ』だ。
b0019140_16283887.jpg
此処は、キクさん手作りのスモークハムを食べる事が出来る店なのだ。
b0019140_16282859.jpg
ハイ、ドヤ顔のキクさんとビールで再びカンパイだ!

だが、しかし。何と言うことでしょう!
b0019140_1629172.jpg
ワタクシ此処の店で、すっかり寝落ちしていた。
b0019140_1629459.jpg
気を取り直して、目覚めのビールを戴き復活!

三軒目は、神保町の酒場『兵六』の暖簾を潜る。
b0019140_1631484.jpg
あいにくの満席状態だったので、暫く立ち飲みとなった。
b0019140_16313399.jpg
ここでバーバラが登場し、合流。
b0019140_16314568.jpg
さつま無双の湯割りで一献。
b0019140_16314357.jpg
あぁ、良き友たちと酌む酒の美味いこと。五臓六腑に沁み渡るなぁ。
b0019140_16354323.jpg
最後は酒朋トクちゃんとズドーンッ!とネ。

さぁ、これが怒濤の9連休のスタートだったのだナ。
by cafegent | 2012-05-11 16:38 | 食べる
b0019140_14393450.jpg
先日、葛西臨海公園を訪れた。
b0019140_14393852.jpg
この日は天気も良く、気持ち良い程に空が蒼く澄み渡った。
b0019140_14393880.jpg
チューリップ畑では、白、黄色、赤の花が天に向かって咲いていた。
b0019140_14401671.jpg
青空を鯉のぼりが風に乗って泳いでいたナ。
b0019140_14402714.jpg
公園内の汽水池の干潟には沢山の水鳥たちが餌を求めてやって来る。
b0019140_14453067.jpg
二羽のアオアシシギが飛来して来た。
b0019140_14454812.jpg
そして仲良く干潟に着地だ。
b0019140_14461313.jpg
ヒョコヒョコと歩きながら泥の中の餌を探すのだナ。
b0019140_14462591.jpg
細長いクチバシも理に適っている。
b0019140_1444252.jpg
小さな沢蟹も野鳥たちの餌となるのだネ。

川の向こうから小さな鳥が飛んで来た。
b0019140_1522079.jpg
コチドリだ。
b0019140_1449473.jpg
雀よりも少し大きく、目の廻りの黄色いリングですぐ判る。
b0019140_14575091.jpg
餌を食べ終えたら、サッと飛んで行ってしまった。

杭の下では、キアシシギとアオアシシギが居た。
b0019140_1454560.jpg
手前側がキアシシギだ。
b0019140_14543098.jpg
コサギも数羽飛んで来た。勢いが良いなぁ。

こちらは、セイタカシギだ。
b0019140_1535589.jpg
フラミンゴの様な細くてピンク色の足が特徴的だネ。
b0019140_1545246.jpg
でも、ハト程の大きさなのだヨ。なんとも愛嬌がある顔だ。

コサギが餌を見つけたみたいだネ。
b0019140_14501076.jpg
小さな小魚をくわえてる。

淡水池では、杭の上に威風堂々とした風格のアオサギが居た。
b0019140_14553445.jpg
長閑に羽繕いをしているのだネ。
b0019140_14552044.jpg
池の淵では鴨と共に、サンカノゴだと思う鳥を発見。
b0019140_1505085.jpg
しかし、僕のカメラでは遠くてこれ以上識別不可能だった。トホホ。
b0019140_15233282.jpg
杭の上には、カワウが居る。
b0019140_15242977.jpg
大空を飛ぶ姿は迫力がある。
b0019140_15243988.jpg
観覧車の前を羽ばたく。
b0019140_1524395.jpg
b0019140_15244473.jpg
街灯の上では、四十雀(シジュウカラ)が啼いていた。
b0019140_15253066.jpg
そして、ライトの隙間に何か見つけたみたいだネ。
b0019140_15261069.jpg
一生懸命に頭を突っ込んでいた。
b0019140_15263776.jpg
で、仲間に何かを知らせていたナ。
b0019140_15271612.jpg
仕事の合間のにちょいと2時間程野鳥観察に出掛けたが、結構集まって来るのだネ。
b0019140_1574431.jpg
帰り道は、東京ゲートブリッジを眺めながら電車に揺られた。

今回も酒を語らず。むふふ。
by cafegent | 2012-05-11 15:29 | ひとりごと