東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2017年 06月 14日 ( 1 )

東京と埼玉を繋ぐ北の玄関口と呼ばれている赤羽は、漫画家清野とおる氏が漫画アクションに連載し大人気となった『ウヒョッ!東京都北区赤羽』やその漫画に感化された俳優の山田孝之が主演したドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』のヒットにより、一躍人気エリアへと躍り出て「住みたい街」ランキングでも第2位になったのだネ。

僕の住む武蔵小山からも東京メトロの南北線で乗り換え無しで赤羽岩淵駅まで行けるし、恵比寿駅からも湘南新宿ラインや埼京線で20数分で着いてしまう。以前はちょっと遠いかなと思っていたのだが、今では思い立ったらスグ飲みに行けるエリアとなったのでアル。

時々、気分転換を兼ねて荒川と隅田川に挟まれた土手沿いや荒川赤羽桜堤緑地を歩いたりしている。深く深呼吸をしながら、たっぷりと歩いたら、ちょいと一休みだ。この街には昭和の香りを色濃く残した純喫茶が幾つか在るのだネ。スズラン通りの『純喫茶デアー』のウィンナーコーヒーも美味しいし、駅前の『梅の木 本店』のレモンスカッシュもスバラシイのだナ。

読みかけのペーパーバッグを区切りの良いところまで読み進めたら、丁度良い酒場タイムとなる訳だ。

昨日は梅雨らしい雨が降り続いていたが、赤羽に着いた途端に上がってくれた。この街に来たら真っ先に足が向くのが赤羽一番街の中に在る大衆酒場『まるます家』だネ。朝の9時から開いており、朝から晩までいつも老若男女で賑わっている。この日も外に7、8人が並んでいたが、雨も止んでいるし並ばないとネ。でも、心配ない。ひっきりなしにお客さんも入れ替わるので、そんなに長くは待たずに入れるのだナ。

程なくして二つあるコの字カウンターの左側に座ることが出来た。
b0019140_1557137.jpg
いつもは二階の座敷席を仕切る和子さんが、この時間は一階で働いていたネ。

「ジャン酎ひとつ!モヒートも下さいナ!」ジャン酎とはハイリキの1リットル瓶の酎ハイでアル。
b0019140_1602670.jpg
ジャンボサイズの酎ハイだから「ジャン酎」なのだ。これにフレッシュミントの葉とライムがセットになった100円のモヒートを足すのだヨ。
b0019140_15581121.jpg
味も香りも一段とアップした酎ハイを氷の入ったジョッキに注ぐのだ。クゥーッ!旨い!

大根にたっぷりと味が沁みた牛すじ煮込みも酒がススむ一品だナ。此処に来るとあれもこれも食べたくなってしまうから二人とか数人で来ると良いだろうか。ジャンボメンチカツもイカフライも美味い。どじょうの柳川鍋も外せない。あぁ、たぬき豆腐も頼まなくちゃ!ってな具合になってしまうのだ。

そして出てきたのは熱々に揚がった里芋の唐揚げだ。カリカリに揚がったまん丸のフライは、一口噛むとサクッ、そしてスグにねっとりとした甘い里芋の味が口の中に広がり、そこへ酎ハイをゴクリ!ふぅ、至福のひと時とはこういうことなんだナ。

暫くすると店のお姉さんから「うなぎの肝焼き、もうスグ焼きあがりますヨ~!」と声が掛かった。これも「まるます家」の名物で、一日に数回しか焼かないのでタイミングが合った時には必ず頼みたい一皿なのでアル。
b0019140_15583048.jpg
おぉ、香ばしく焼かれているネ。山椒の香りが僕の鼻腔を刺激する。ほろ苦のうなぎ肝にタレが絡み、これまた酒がススむススむ。
b0019140_15562243.jpg
そう言えば、長年に渡り朝9時から営業していた「まるます家」だが、七月四日より平日は朝10時開店となるそうだ。ただ、土日祝祭日は今まで通り朝9時から開くとのことなので一安心。

午後6時過ぎ、外は買い物かごを下げた主婦や学校帰りの小学生が行き交っている。この雑多な混在感もこの街の魅力なのだネ。さぁ、もう1、2軒ハシゴ酒といこううかナ。
by cafegent | 2017-06-14 16:06 | ひとりごと