東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2019年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先日、入谷の朝顔市の帰りに立ち寄った根岸の居酒屋『鍵屋』では、とても楽しい時間を過ごすことが出来た。
どっしりとした楓(かえで)の板で設えたカウンター席の奥で、偶然隣り合わせになったのは浅草見番裏で店を構える『ぬる燗』の主人、近藤さんだった。


もう随分も前になるが酒朋ハッシーさんと浅草界隈をハシゴしている時に、彼が好きな酒場が在るからと連れて行って貰ったのが『ぬる燗』だった。それから何度かお邪魔したが、いつも店主のツンデレと云うか、ニヒルな態度にどぎまぎしながら酒を酌んでいたのを思い出す。それから暫くして店を移転したことは耳に入っていたのだが、何故か新店舗を訪れていなかったのでアル。


鍵屋で浴衣の話から盛り上がり、桜政宗は僕は一年中ぬる燗で頂いていると云う話になり、話の流れから彼が居酒屋『ぬる燗』の主人(あるじ)であることが判ったのだ。おや、あの店での強気な態度は何処へ行ったのだろうか、ハテ?と思いながら酒を酌み交わした。そうなのか、自分の至福のひと時を過ごす時は、自分の構えている店、晴れ舞台で見せる顔とは違うのだナ。この日は本当に愉しい酒を嗜むことが出来た。ぬる燗の近藤さんの屈託のない笑顔と優しさに溢れた応対に一目惚れしてしまったのだナ。


いつの間にやら、桜政宗のぬる燗を四本も空けていた。この日は足がもつれる前に帰路へと着いた。

さて、入谷の朝顔市が終わるとスグに浅草のほおずき市が始まる。

そんな訳で週明けの水曜日、浅草寺へのお詣りをしに雷門をくぐった。

梅雨の合間の晴れだったので、今季初の浴衣に袖を通してみた。
雷門から境内へと続く仲見世は国際色豊かな人で溢れていた。そんな中で、粋な浴衣姿の姐さんたちを見かけるとつい目が追ってしまう。若い男の子たちの浴衣姿を見るとほとんどが帯を胸の下あたりで〆ていて、まるで天才バカボンにしか見えないのだヨ。

レンタルショップで浴衣を借りた外人の兄さんたちも同様だ。何故、着付ける側も腰の下で帯を巻くように教えてあげないのだろうか、ハテ?

四万六千日をお詣りし、我が友たちの無病息災を願いた。
b0019140_01391338.jpg
浅草寺の境内では、所狭しとほおずき売りの出店が威勢の良い掛け声で人を集めていたナ。
b0019140_01382785.jpg
素敵な浴衣を着た美少女の周りにアマチュアカメラマン達が大勢集まってシャッターを切っていたので、僕もスマホでパチリ!
b0019140_01410952.jpg

ほおずき市も廻り、ちょいと一杯と思ってバー『サンボア』へと向かうとあいにくの定休日であった。暫くご無沙汰すると休みの日を忘れてしまうのがイカンのだナ。


仲見世の一本脇の路地を歩き、レストラン大宮の向かいに在る『オオミヤ姉妹』なる店でビールを頂いた。此処はミニワッフルの「浅草ロマン焼きミニカステーラ」という菓子が名物らしい。
焦がしバターが香ばしい匂いを漂わせていたが、僕は迷わずビールをお願いした。
そして、店の軒先の縁台に腰を下ろしちょいと一休み。


さぁ、午後6時が近づいて来た。浅草寺を抜けて浅草5656会館の脇へと曲がる。

そう、この日は先日の『鍵屋』での裏を返しに浅草『ぬる燗』へと向かったのでアル。

到着すると青地に白抜き「酒や」と記された暖簾が夕暮れの風に揺れていた。ガラリと戸を開けると既に二人の先客が酒を愉しんでいた。此処はいつも予約で満杯になる酒場だが、いつもの如く主人が口元の片方だけを少しだけ上に上げて(これをニヒルと呼ぶのだヨ)、「この日は運良く一席だけ空いているよ」とのことだった。


そんな訳で、タイミング良く、いや運が良く『酒や ぬる燗』のカウンター席に座り、裏を返すことが出来たのでアル。


ちなみに「裏を返す」とは、元は吉原遊郭に遊びに行く際には「一旦指名した遊女は変えてはならない」という遊郭特有のルール、しきたりのことなのだネ。吉原に行っても最初は酒をお酌してもらえるだけで、次に訪れたら煙管に火を点けてくれる。こうやって何度もなんども同じ遊女を指名することで、ようやく床についてくれるってワケなのだナ。遊郭の玄関の中の壁には在籍する遊女の名前を記した木札がズラリと架けられている。そして、客が指名すると、その遊女の名前が記された木札を裏にひっくり返して架けるのだ。「裏を返す」は、この慣わしから生まれた言葉であり、粋さをモットーとした江戸っ子たちは「裏を返さぬは、江戸っ子の恥だぜ」と言っていたとか、ハテ?


で、僕も「裏を返し」に浅草『ぬる燗』の暖簾を潜ったのだ。

この日のお通しは、胃に優しい野菜の汁物だった。最初の酒は「伯楽星」をお願いした。
b0019140_01434576.jpg
「愛宕の松」で知られる宮城の新澤醸造店が造るこの酒は、口当たりの良さと最後まで爽やかな清涼感があり、蒸し暑い梅雨時期にうってつけの一杯だ。僕は手頃な価格で美味い酒を探すのが好きなので、「日高見」の純米と並んで好きな宮城の地酒だナ。


酒の肴は「生ホヤの胡瓜酢」をお願いした。目の前で料理する姿を眺めながらの酒も実に旨い。

東北の酒には東北の料理だネ。あぁ、幸せなひと時だ。


お次の酒は「紀土(キッド)」のカラクチキッド特別純米酒を選んだ。紀土も色々と種類を出しているが、カラクチキッドとは思い切ったネーミングにしたものだ。この酒はその名の通り、キレの良さがイイネ!純米大吟醸のフルーティーさの余韻を残しつつ辛口が効いている。和歌山県の平和酒造も素晴らしいブランドを確立したネ。


三杯目は岐阜・多治見の地酒「三千盛(みちさかり)」にしてみた。

いつも呑むのは純米だが、この「超特辛口」は初めて呑む酒でアル。これは、大吟醸ながらしっかりとした旨味が喉を抜けて、その後のキレが素晴らしかった。


口開けにお邪魔したが、次々と予約のお客さんたちが来店する。本当に一席だけ空いていたのだネ。僕の隣の女性客はご常連さんらしいが、近藤さんの辛口トークを浴びていた。歌舞伎役者が舞台の上から見得を切るように、これも彼ならでは「のぬる燗劇場」での大切な一幕なのだ。

あぁ、1時間半あまり、楽しい時間と旨い酒、美味しい肴を堪能させて戴いた。近藤さん、ご馳走さまでした。


浅草『ぬる燗』を訪れてから、二週間近くが過ぎた昨日、地元の酒場『牛太郎』へと向うと店から出てきた客がいた。そしてその距離が縮まると互いの顔を見合わせて、笑ってしまった。今度は近藤さんが、わざわざ「裏を返し」に武蔵小山まで足を運んでくれたって訳だ。

これだから、酒の縁(えにし)は奥が深く、素晴らしいのだナ。


by cafegent | 2019-07-25 01:56 | 飲み歩き

暦では「小暑」を迎えたネ。季節を72等分に分けて表した七十二候では、ちょうど「鷹乃学習」(たかすなわちわざをなす)の頃となった。


今年生まれた雛が立派に巣立ちをし、夏の大空に羽ばたく時が来たわけだ。

b0019140_15001061.jpg

この「鷹乃学習」と云う字は読んで字の如く、若い鷹が羽を広げはばたかせて飛び立つ練習をしていることを指すのだナ。

b0019140_15001003.jpg

我が街の公園にも近くの国立自然教育園で巣立ちしたオオタカが飛んで来ている。

鷹の仲間で一番小さな雀鷹(ツミ)も兄弟であろう二羽でカラスに喧嘩を売っている姿を見かけるのだ。

家の近所のツバメも二度目の子育てを終えそうだ。
スーパーの地下駐車場の入り口には燕の巣が5つも有る。

電線に止まる母ツバメは父ツバメが餌を無事に運んでくるのを待っているのだナ。
b0019140_15142637.jpg
◇           ◇            ◇
今日は仕事が一段落し朝から休みとなった。本当は青春18きっぷを使って、居酒屋グリーン車の旅に出ようかと思ったのだが、昨夜の深酒により朝寝坊をしてしまった。では、鰻で一杯やろうか、と思い近所の老舗『浜田屋』さんに足を運んだ。


だが、ちょいと待てよ、昨夜最後に幾ら使ったのだろうか?と思い財布の中身を確認すると五千円札が一枚入っているだけだった。此処の鰻は天然に一番近い味を誇る坂東太郎と四万十鰻を仕入れている。故に値段もチト高いのだ。坂東太郎は五千円、四万十でも4,300円なので、僕の懐具合だと酒が飲めないのでアル。


そんなワケで、地下鉄に乗り自由が丘へと移動した。

午前11時20分に自由が丘駅へと到着だ。改札を出てスグの路地を左へ折れると目指すうなぎ屋『ほさかや』さんだ。

平日の口開けということもあり、10分前で一番乗りとなった。
b0019140_15201794.jpg
暖簾が出たらコの字カウンターの左奥席へと入る。此処が僕の一番すきな特等席なのだナ。
b0019140_15205491.jpg
先ずはお新香を肴にキリンビールの小瓶で喉を潤す。

暫くすると、からくり焼きときも焼きの串がやってきた。
b0019140_15213268.jpg
山椒を振りかけてきもを一口!あぁ、美味い。これぞ、休日の至福だナ。

ビールをチェイサーに切り替えて、酒を戴く。
店のお姉さんに佳撰の常温をコップに注いでいただくのだ。
b0019140_15234685.jpg
なみなみと注がれた酒はコップの表面にモッキリと溢れているのだヨ。むふふ。
スナックでお馴染みの懐かしい水呑み鳥よろしく、顔を下に倒し口から酒に向かうのだ。

あぁ、美味い。昼酒の醍醐味だナ。剣を取り巻く龍の如し、くりから焼きの鰻が安い酒を引き立てて極上の味にしてくれる。二杯のひや酒を呑み干し、〆のうな丼を戴くことにした。


『ほさかや』のうな丼は、1,500円でアル。1年ほど前から炭水化物を控えているが、鰻と寿司とカレーライスだけは白飯が無いと話にならないよネ。

熟練した焼き手の腕が光る蒲焼と白飯とタレの味が三位一体となって完成したうな丼がカウンターに運ばれて来た。
先ずはそのまま一口戴く。蒲焼の香ばしい味を口一杯に味わいながら、今度は山椒を振りかけるのだ。山椒は小粒でもピリリと辛い。当たり前のようなこの台詞が本当に合うのだナ。


休日の昼、至福のひと時を過ごさせて頂いた。さて、次は何処へ向かおうか。


by cafegent | 2019-07-22 15:29 | 食べる

「恐れ入谷の鬼子母神、びっくり下谷の広徳寺、そうで有馬の水天宮・・・」フーテンの寅さんじゃないが、江戸っ子はこんな駄洒落が好きなんだナ。
毎年、七夕の季節になると台東区下谷に在る入谷鬼子母神の境内とその門前周辺の大通り両脇に沢山の朝顔売りが軒を連ねる。
b0019140_17293192.jpg
朝顔の店に並んで、屋台も沢山出店しているのだナ。
7月の6日から8日までの三日間なので、その年によって曜日が変わる。今年は土・日・月だったので、月曜の夕方に朝顔市を訪れた。僕はプライベートや仕事でお世話になった方々へのお礼とお中元を兼ねて、手頃な朝顔の鉢を贈っている。朝顔市に並ぶ鉢も年々多種多様になっている。
b0019140_17264150.jpg
僕は大輪の「団十郎」が好きなのだが、白い花の「平安の香り」や朝焼けの空の色をした「暁の海」なんて品種も有る。贈る相手の顔を思い浮かべながら選ぶのも、此処に来る楽しみのひとつなのでアル。


今回も8件の方に贈るため、宅配便の伝票に宛先を書いた。総てを書き終えたら、鬼子母神へお参りだ。

元は、とある大名の奥女中にできたおできを此処、真源寺の願掛け参りで完治したことから「恐れ入谷の鬼子母神」と言われるようになったとか、ハテ?

まだ日が暮れ泥(なず)む午後5時、言問(こととい)通りを鬼子母神から根岸一丁目交差点まで戻り鶯谷駅下へと進む。
b0019140_17301199.jpg
ここ数年、朝顔市の日は梅雨の雨降りが多かったが、この日は気持ちの良い青空が広がった。
b0019140_17280728.jpg
立ち飲み『晩杯屋』の先を右に折れ、スグの路地を左に曲がると目指す酒場が在る。
b0019140_17310910.jpg
紺色で『鍵屋』と染め抜かれた夏仕様の白い暖簾が七月の風に揺れている。打ち水をした玄関の軒下には夕涼み用の縁台が涼を運んで来てくれるようだ。


暖簾を潜ると先客が数人¬型のカウンターで酒を酌んでいる。

奥に粋な浴衣姿の二人連れが居り、その隣へと腰を下ろした。

主人の賢太郎さんに桜正宗のぬる燗をお願いする。此処に来ると僕は一年中、桜のぬる燗だ。

鍵屋には数種類の大きさのお猪口が用意されている。小さな盃でちびりちびりとやるのが好きな御仁もいれば、グイッとぐい飲みする奴も居る。そして、賢太郎さんは僕が座ると迷わず一番大きな蛇の目入りの盃を差し出してくるのだナ。これだと二度ほど酒を注げば、もうお代りだ。

この日のお通しは煮豆だった。夏の季節は、煮こごりや心太(ところてん)なども出るので、毎回何だ出てくるかも楽しみでアル。
b0019140_17322571.jpg

煮豆を肴に酒を呑むってのが、東京の酒場の在るべき姿だと思っている。

此処は今を遡ること163年前の安政3年(1856年)に創業した江戸の酒場だ。但し、今の建物は今から45年ぐらい前に言問(こととい)通りの道路拡張に伴い取り壊しの危機に遭った創業時の家屋に替わり、探したそうだ。だが、創業から残る建物は東京都が管理する「江戸東京たてもの園」に完全な形で移築保存されているので、今も見学することが出来るのだナ。

それでも、今の建屋も大正元年に建てられたと言うから、多くの歴史を見てきたことだろうネ。

この日、僕が選んだ酒の肴は、味噌おでんだ。豆腐とこんにゃく、ちくわぶに甘い田楽味噌が乗っている。

ちくわぶってのも東京の居酒屋らしくて好きなのだ。店主が自ら串打ちをする鰻のくりから焼きも旨い。冬場の煮やっこも酒がススむ。


この日、お隣で呑んでいた二人は粋な浴衣姿で酒を愉しんでいた。ハテ、何処かでお見かけした顔なのだが、思い出せずにいた。浴衣の話から酒の話になり、他愛のない話題で盛り上がっていたら、何度かお邪魔したことのある浅草見番近くの酒場の主人(あるじ)だと判った。

なんだ、もっと早く言っておくれよ、と思いながらも思い出せない爺ぃの僕が恥ずかしい。

素敵なお連れさんに酒までお酌して戴いた。あぁ、手酌酒の何十倍も旨いネ。


愉しいひとときは酒もススむススむ。桜政宗のぬる燗を4本空けたところで、心地よく酔いも回ってきた。よし、梅雨の合間に太陽が覗いたら僕も浴衣で出かけよう。

賢太郎さん、女将さん、ご馳走様でした。

外に置いた朝顔を忘れずに持ち帰らないとナ。今だに「お兄さん、どう?」と年齢不詳のレディからの誘い声を尻目に、鶯谷のホテル街をスルリと抜けて駅へと向かった。

入谷の朝顔市が終わると、翌日から浅草の鬼灯(ほおずき)市が始まるのだ。晴れてくれたら、浴衣に雪駄で出かけようかナ。




by cafegent | 2019-07-19 17:36 | 飲み歩き

七夕の日曜日、朝から小雨が降り続いていたが武蔵小山駅から電車に乗って新丸子の駅へと向かった。この日は馴染みの酒場『牛太郎』に集うご常連さん達との酒宴だった。


午前11時40分、目当ての『三ちゃん食堂』に着くと酒朋嶋岡さんが既に口開けを待っていた。

今回の酒席は9名だったので、事前に席を作って戴いたようだ。12時開店なので、雨の中続々とお客さん達が集まってくる。

さぁ、12時に暖簾が出てきた。暖簾を引っ掛けるところが少し高いので往生していると、店の看板姉さんから「あんた達、早くから待っているんだから、こう時こそ手を貸しなさいよ!」と笑いながらゲキが飛ぶ。そして背の高い嶋岡さんが暖簾を引っ掛けるのだった。


そう言えば、いつの間にか入り口の扉が新しくなっていたネ。

店内に入ると向かって右側のテーブルを用意していてくれた。此処は三つ並んだ長方形のテーブルが3列ドーンと並んでいる。その正面奥が厨房だ。

此処は食堂と云っても、ほとんどの客が酒を愉しんでいる。定食もボリューム満点でガッツリと食べられるので若者にも大人気の街の食堂でもある。僕らにとっては「食堂呑み」のオアシスでアル。

先ずはビールで乾杯だ。クゥーッ、キリンラガーが美味い!これぞ露払いならぬ、梅雨払いだナ。白菜の漬物も相変わらずの味で素晴らしい。ネギぬたもイイネ!

刺身の盛り合わせにはコハダ、中トロ、活帆立、今が旬の蛸、赤貝、それに鯨が盛られていた。
クジラ刺し、美味かったナァ。
今回の集いは『牛太郎』歴50年以上の古参ご常連からここ数年よく通っている酒朋ナカミまで実に幅が広い集まりとなった。
僕の隣の小枝会長は、牛太郎ボーリング大会の会長を務めている。舞茸の天ぷらにカツオのたたきも美味い。

『三ちゃん食堂』の壁には多くの芸能人のサイン色紙やビール会社のポスターが貼ってあるが、その合間にヌードカレンダーも貼られている。


だが、ヌードと言ったって巨匠篠山紀信撮影の芸術写真だヨ。このカレンダーは年末に此処を訪れると貰えるお店の名前の入ったカレンダーなのでアル。


そして、みんなが以前から気になっていた麻婆豆腐を頼んだ。

結構辛いのだが、どことなく和風の味なんだネ。
b0019140_12453176.jpg
こちらは、ハムカツだ。此処は揚げ物も実に美味い。春巻き、イカフライ、メンコロミックスなど酒がススむ品が多い。


午後12時20分、もう店内は満席だ。雨だから少ないかと思いきや、いつも通りだナ。

ビールから焼酎に切り替える。

芋焼酎の「一刻者(いっこもん)」を炭酸割りと水割りで戴いた。焼酎も3本空いたネ。
えんどう豆の塩茹でが結構イイつまみになった。
〆にラーメンとチャーハン、そして塩焼きそばを戴いた。
此処の塩焼きそばが本当に美味しいのだナ。午後1時50分、たくさん食べてたくさん飲んだ。
b0019140_12503065.jpg
『三ちゃん食堂』の皆様、ご馳走様でした。


我々一行は再び電車に乗って、武蔵小山へと戻った。

武蔵小山駅に到着すると偶然にも『牛太郎』のじょうさん一家に遭遇したヨ。

これこそ、酒縁だネ!

改札を出て、平和通り商店街の方へと歩く。外はまだ小雨が降り続いていたナ。
向かう先は武蔵小山でも古いカラオケスナックだ。
b0019140_12523513.jpg
こうして、雨の日曜日もユル~く時間が過ぎていったのでアール。


by cafegent | 2019-07-08 12:59 | 飲み歩き