東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

暑さに勝つ食事を求めて

b0019140_1742485.jpg
芝大門の駅から御成門方面の出口を出ると大通りの1本裏に芝神明商店街という時間が止まったような静かな通りがある。この商店街の中に「味芳斎」(みほうさい)と言う中華屋さんがポツンとあるのだけれど、ここが一度行くと病みつく旨さの料理店なのだ。店は決して綺麗とは言えず、狭いし、混んでいる。なんでこんなに混んでいるのかと言えば、安くて旨いからに他ならない。この店は日本で最初の薬膳中華の店として根強いファンに支持されており、すぐ近くの芝パークホテル前にも2代目の支店がある。どちらも味は同じだが、本店はたぶんもう90才前後だろう親爺がやっており、これがまたかなりのエロ爺いなのである。b0019140_1721293.jpg
b0019140_17271193.jpg
何が凄いかって、小さな店内の壁一面にヌード写真が貼ってあったり、さらに凄いのは、今年の夏期休暇のお知らせをマジックで書いていたのだが、そのメモ用紙の山が全部PCからプリントアウトしたエロ画像の数々だった。そして、食べてる僕に向かって、「どうだ、俺の料理を食べてたら、こんなに元気に立つぞ!」って満面の笑みでほざいていた。
b0019140_17202950.jpg本店も支店も一押しのオススメは、重慶牛肉販(通称、牛丼)と重慶牛肉麺。何でも、これだけは支店の息子にも作らせず、エロ爺いが自ら仕込んでいるらしい。鷹の爪と八角、四川山椒等々の香辛料でつけ込んだ牛筋肉がもやしと一緒にご飯の上にかかった丼だが、ちょっとやそっとの辛さじゃなく、最初は舌が痛くなり、汗と一緒に涙が出る程の辛さで胃もビックリする尋常じゃない辛さだった。ご飯の場合は、全部混ぜずに食べれば、辛さを白いご飯で逃げられるのだが、麺の場合はその辛いのが全部汁に溶けているから逃げ場が無いのだ。でも、食べた者ほぼ全員が病みついている筈。他のオススメは、ピーマンレバーとナスの辛し煮、それに納豆炒飯ですか。
この店で何にしようか悩んでいたらエロ爺いが、「納豆は体に良いからこれにしろっ!!」って言ってきた事があった。ピーマンレバーは昼どきの定番で、女性にも結構人気なんだよね。レバーを一度油で揚げていてシャキシャキのピーマンと一緒に炒めてある。もう、ご飯が進む進むオイシイ昼の定食なのだ。(それにしても、よくこんなエロ写真の店に若い女性たちがお昼食べに来るよなぁって、いつも思っているけど、結構彼女たちも精力つけたいのかな?)
b0019140_17211081.jpg
で、今日は東銀座に用事があったので、帰りに大江戸線に乗って「味芳斎」にやってきました。遅い昼食を取るときに、この店はずっと開いているから重宝してる。と言うか、休憩時間も客を入れているっていう感じかな。エロ話も結構この時間だしね。
今日は、鷹の爪を仕込んでいて、親爺の働いている姿を垣間見れた。そして、注文は納豆炒飯なり。タンパク質とって、残りの仕事をこなすとするか。
b0019140_1729113.jpg

ちなみにこれが、納豆炒飯なり。
b0019140_18221036.gif
こちらが重慶牛肉販なり。
# by cafegent | 2004-09-01 17:46 | 食べる

大人の渋谷探訪 その1

昨日は台風の影響で、また暑い夜になったけど、こういう夜はバーをはしごしてしまうんですね。最近の渋谷は子供の街の感が否めないけれど、怪しい匂いのする処、処に足が向いてしまう僕は大人が一息つける店を見つけては足繁く通う様になるのです。
そんな子供の街に点在する、怪しいバーをいくつか紹介しようかな。

まずは、「4」というバー。呼び名はヨンなり。何が凄いって場所が凄い!JR渋谷駅の山手線ホームの高架下。店の壁もそのまま線路を支えているブロック塀を利用しているから、いい味だしてます。この店はクラブでのような、ラウンジのような、まぁ居心地の良いバーですかね。ここのオーナーのPちゃんは、バー業界では結構古くて日本バーテンダー協会の渋谷支部長が開いているBar で仕事していたんだよね。僕が知り合ったのは、かつて恵比寿にあった「次郎長Bar」という伝説的なバーでした。
何が凄いって、働いている奴全員いい感じでいい加減な奴らばかり。僕もこの店で随分とDJをやらしてもらったなぁ。(もう15年位も前の話ですが)
渋谷、青山あたりで飲んだくれていると、昔次郎長Barで飲んでいたっていう輩に結構出くわしますね。みんなイイ感じで不良中年の道をまっしぐらって感じかな。
そんな訳で、4もその頃からのPちゃんFanが多く集まっていて週末はDJ目当てに人が朝まで集まってるね。この店、上がホームで、向かいが十仁整形外科だから、夜は誰もおらず、どんなに音を出しても、外で飲んで居ようと誰も文句を言わないので、夏の夜とかは、外に出て飲んでいる奴も多いんだ。僕もだけどね。
また、彼のこだわりのテキーラとラムのチョイスは絶品かも。彼の凄いのは酒屋に頼らず、毎日足で酒を仕入れている事かな。b0019140_1552109.jpg
映画に出てくるセットのような変な店構えと風貌に似合わない(失礼!)こだわりのバーテンダー・Pちゃんの不思議な世界だね。

「4」から一本道を隔てて桜ヶ丘町に廻ったところ(ヨンから徒歩1分かな)にある
「MYKONOS」(ミコノス)という店も良い処です。食べ物がとっても美味しいのでいわゆるダイニングバーと言うのかな。もともと、弁護士事務所とその書庫だった屋根裏部屋を改装して創ったバーなので、何とも言えない手作り感が心地よい空間になっています。実はここ2件目で、渋谷駅の向こう側「のんべい横町」の中にある「Non」というブックカフェの支店になります。荒木君と川中君という二人で共同経営しており、この二人がなんとも魅力的な奴らなんですね。荒木君は元々ソニーミュージック出身の音楽好き。川中君は水泳の元オリンピック日本代表選手という経歴。二人とも京都出身なので、ここの料理も京料理とかを味わえます。でも、僕の行く時間は遅いので料理が終っているから、もっぱらヨケマンという焼酎を飲んでます。(毎日、迫り来るマンを避けなくては...)
こんなサイトで紹介してました。
MYKONOSの紹介サイト
夜遅くこの店に集まる輩は、かなりつわものの飲んだくれ達です。コピーライターの森さんは、この前酔いつぶれて外で寝ていたら身ぐるみはがされて、朝気がついたら前歯が折れていたらしい。本人曰く、「顔がブラックジャックみたいになっちゃた!」だってさ。それでも懲りずに毎晩飲んでるから凄いよね。クリエイティブディレクターの堀込さんは、この前飲み過ぎで入院していたなぁ。
でも、店はいい感じの空気感で和んでるよ。

ちなみに、ドリームシティっていうサイトに森さんが登場していて、かなり笑えます。そして、このサイト創っているのが堀込さんなワケ。
森さんの「あの頃君は若かった」
ぞんぶんに、笑ってください。

さて、次はどこを紹介しようかなぁ。
# by cafegent | 2004-09-01 12:56 | 飲み歩き
最近、周りのみんなが自分のサイトを持ったり、ブログを始めたりと、なんだかパソコンを使いこなせないとどんどんと自分が取り残されていく感が否めないこの頃だなぁ、と思い先週ようやくデジカメを購入し、徒然日記でもつけてみることにした。

僕の仕事は、ここ東京じゃないと通用せず、また東京だからこそ、仕事が舞い込んで来るちょっと不可思議なる仕事です。いわゆる「目利き」と言うモノで、人が創ったモノやコト、これから創るモノやコトなどを世の中の動きから察知して動向を探ったり、または提言したりして、生業としている。要するに英語で言う所のプロデュースワークね。

だから、毎夜毎夜東京の街を徘徊したり、いろんな人と逢ったり、新しい店や、古い店に出かけて行っては、つまらない情報を沢山集めて、そこの中から拾えるネタを紡いでいるっていう感じかな。

と言う訳で、この大都会東京を舞台にした夜な夜な日記をつけていくことにしますので、皆さん宜しくお願いします。
# by cafegent | 2004-08-31 18:38 | ひとりごと